【 2010年7月17日号 】
「PT2風」の地デジチューナーが発売に
※(7/16更新)発売を確認。
※(7/16 AM2:15更新)ドライバに関する情報を追記
 PT2風のデザインで話題になった、ノーブランドのデジタル放送チューナーカード「DECULTURE PT2X2」が、ようやく発売された。販売ショップはGFアウトレット(ブロック F2-[b1])で、実売価格は16,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

●仕様はPT2ソックリ?

 DECULTURE PT2X2は地上/BS/110度CSデジタル放送対応のPCI接続チューナーカード。

 カード全体のデザインや、2基のシャープ製チューナーとXilinx製チップを搭載する点など、アースソフトの「PT2」に非常に似た製品として大いに注目されていたが、当初の予定だった5月には発売されず、それから2ヶ月以上遅れてようやく発売されることとなった。

 製品版はサンプル版から部分的に若干の変更が見られる。

 基板デザイン自体はサンプルとほぼ同様だが、表面のシルク印刷はサンプルが「PT /」だったのに対し、今回の製品は「PT2/」と変化。また、基板裏面にはサンプルになかった14ピンコネクタ(7本×2列)が新たに配置された。だたし、このコネクタについては同店いわく「用途は不明」という。

●視聴ソフトは付属せず、入手方法も不明
 ドライバはPT1用を無断配布?

 ただし、この製品で番組を視聴/録画する方法などは不明。

 付属品は一切なく、視聴用のソフト/ドライバ類も付属しない。ドライバについては、ダウンロード元URLがパッケージに記載されているが、ソフトについてはまったく入手方法が不明な状態。ショップでも特に説明しておらず、さらに「SDKに関する情報は現時点ではない」(同店)という。

 ちなみに、パッケージに書かれたダウンロード元URLからファイルをダウンロード、解凍すると「PT1-Windows-Driver-200.exe」というファイルが現れるが、これを実行すると「PT1ドライバセットアップウィザード」が開始される。

 状況から判断すると、これはPT1用ドライバそのものにしか見えず、これを「PT2X2用」として配布する意図、およびライセンス状況などが非常に気になるところ。PT1の発売元であるアースソフトでは「OEMなどは行っていない」とWebサイト上で明記しているため、アースソフトに無断で配布されている可能性も高そうだ。

 ショップでは、こうした状況を受け「ドライバについては仕入れ元に確認中」「ユーザー側で何かあったときはパッケージに書かれたサポートアドレスにまず連絡して欲しい」と説明している。

 いずれにせよ、TV視聴へのハードルはかなり高いと思っていたほうが良さそうだ。

□GFアウトレット
http://www.gf-outlet.com/

□関連記事
【2010年4月24日】PT2風の地デジチューナー「PT2X2」が展示中
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100424/etc_pt2x2.html
【2010年4月17日】PT2の互換品?赤い地デジチューナー「DECULTURE PT2X2」が近日発売
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100417/etc_pt2x2.html


DECULTURE PT2X2

[撮影協力:GFアウトレット(ブロック F2-[b1])]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.