【 2010年11月6日号 】
iPhoneで操縦する無線ヘリ「AR.Drone」が直輸入で販売、
空撮映像をリアルタイムで見て操作

 今年の東京ゲームショウにも出展、「iPhoneで操作ができる」と話題になった仏Parrotの小型ヘリコプター「AR.Drone」の直輸入品がJan-gle 秋葉原本店で販売中だ。

 iPhoneで操縦できるほか、ヘリのカメラで撮影した映像をiPhoneで見ることも可能。実売価格は39,800円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。


●iPhoneで操作するUFO?
 空撮映像をリアルタイムで見て操作


飛行風景
 AR.Droneは4基のプロペラを装備したいわゆるラジコンヘリで、iPhoneやiPad、iPod touchをコントローラとして使えるのが大きな特徴。

 ヘリ本体を無線LAN経由(IEEE 802.11b/g)でiPhoneから操縦できるほか、本体の前面と底面に備えるCMOSカメラで撮影した映像を、リアルタイムでiPhoneで見たりすることも可能だ。

 また、AR(拡張現実)を使ったゲームで遊べるのもユニーク。撮影映像を元にしたARの世界でシューティングゲームをプレイしたり、無線LANを通じて他のユーザーと対戦プレイを楽しんだりすることもできる(対戦プレイ用アプリ「AR.FlyingAce」は後日有償で公開予定)。

 AR.Drone向けのSDKも公開されており、App Storeではサードパーティ製アプリの販売も既に始まっている。

 電源は内蔵のリチウムポリマーバッテリ(3セル、11.1V/1,000mAh)で、飛行可能時間は約12分。このほか、CPUのARM9 468MHzや128MのDDR 200メモリ、Linux OSなどが組み込まれている。

 なお、実際に飛ばしてみると、まるでUFOのような飛行風景。動作音はかなり大きいが、マニア心をかなりくすぐる製品といえそう。操作の様子は動画なども参照のこと。

 ちなみに、AR.Drone自体は9月16日に一部のソフトバンクショップなどで国内発売されているが、扱い店はまだ少数。話題性のある商品だけに、店頭在庫販売が確認できたのは朗報といえそうだ。


[フラッシュ動画] AR.Droneを操作 / 30秒(音声付)
※Youtubeで動画を視聴したい方はこちら

[フラッシュ動画] AR.Droneを操作(2) / 2秒
※Youtubeで動画を視聴したい方はこちら

□AR.Drone(Parrot)
http://ardrone.parrot.com/parrot-ar-drone/jp

□関連記事
【2010年9月20日】iPhoneで操縦し、AR対戦もできる空飛ぶ円盤「AR.Drone」(GAME Watch)
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100920_395258.html
【2010年9月14日】iPhoneで操縦するAR連携ラジコンヘリ「パロット AR.Drone」(ケータイ Watch)
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100914_393737.html


Parrot AR.Drone

[撮影協力:Jan-gle 秋葉原本店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.