【 2011年7月23日 】
アキバの「萌え化」が加速、「萌えキャラビル」がまた誕生
ジーンズメイト跡地もコトブキヤに

 改装工事中の大林ビル(千代田区外神田3-1-1)に“萌えキャラ”を大きくあしらった外装が出現した。

 同ビルにはフィギュアショップ「フィギュアR」などが入居する予定。同ショップなどを運営する有限会社NEO-STANDARDの代表、清水氏によれば、8月上旬のオープンを目指しているという。


 神田明神下の交差点付近にある同ビルは、ハイエンドのオーディオ機器などを扱う「ダイナミックオーディオ サウンドハウス」が入居していた物件。

 現在は改装工事中だが、道路に面した外壁には同店のマスコットキャラクタを大きくプリントしたラッピングが既に施されており、入り口付近にはフロア案内が掲示されている。

 フロア構成は、1〜5階がフィギュアやキャラクターグッズ、食玩などを扱う「フィギュアR」、6階と7階が「執事ラウンジ ルフルリール」、8階がフィギュアなどを買い取る「かいとりR」。


●アキバの「萌え化」が加速中


23日にオープンしたコトブキヤ

23日にオープンしたコトブキヤ

ボークス 秋葉原ショールーム

ボークス 秋葉原ショールーム

AKIBAカルチャーズZONE

AKIBAカルチャーズZONE
 ここ数ヶ月の秋葉原では、同店のようなフィギュアなどを扱うホビー系ショップが規模を拡大しつつある。

 最近では、23日(土)にジーンズメイト跡地に「コトブキヤ」がオープンしたほか、16日(土)にはラジオ会館3号館の全館が「ボークス 秋葉原ショールーム ホビー天国」としてオープンしている。

 このほか、1日(金)には、旧LAOX THE COMPUTER館のビルに複合商業施設の「AKIBAカルチャーズZONE」がオープン。

 現在同ビルでは、1階と2階でコミックや書籍などを扱う「K-BOOKS」が営業しているのみで、他のフロアは空いている状態だが、ビルの壁面に巨大なイラストを掲示するなど、前出のショップと同様に最近の秋葉原を象徴する存在となっている。


 また、以前秋葉館だった中央通り沿いのビルも、TVゲームやDVDなどの中古買取/販売を行う「ムーランAKIBA中央通り店」としてオープン、ここ数ヶ月で秋葉原の風景も大きく変わってきた。


□ネオスタンダード
http://figure-no1takaikaitorisenmontrn.com/


□清水氏のブログ
http://ameblo.jp/neo-standard/entry-10936638057.html
□執事ラウンジ ルフルリール
http://refleurir.exblog.jp/

□関連記事
【2011年7月16日】ラジオ会館に「3号館」がオープン、ホビー店「ボークス」が一棟借り
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110716/etc_rajikan.html
【2011年7月1日】「ザコン」跡地に「カルチャーズZONE」オープン
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110702/etc_akiba2.html
【2011年6月21日】ジーンズメイト跡地にコトブキヤが7月下旬オープン
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110625/etc_kotobuki.html


※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.