【 2011年7月26日 】
2万円のデュアルコアタブレットが発売
GPUはPowerVR

 2万円弱という安さながら、CPUにCortex-A9コアをデュアルコアで搭載、GPUにはPowerVR SGX530を採用するという、比較的ハイスペックなAndroidタブレットが直輸入で発売された。

 カラーはブラックとホワイトの2種類で、実売価格は19,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。


●7インチ液晶のAndroidタブレット
 GPSも搭載

 この製品の製品名はHaipad M9 GPS。

 搭載液晶は7インチ/800×480ドットで、タッチパネルは静電式/マルチタッチ対応。OSはAndroid 2.2ベースだ。

 こうした仕様は標準的だが、CPUやメモリに関するスペックは比較的高く、CPUには533MHzのCortex-A9コアを2基(ルネサス製)、GPUにはPowerVR SGX530を採用、メモリも512MBのDDR2メモリを採用している。ストレージ容量は4GBで、microSD/SDHCスロットも利用可能。

 ちなみにマニュアルではCPUクロックが「1GMHz」となっているが、ショップでは「533MHz」と確認したとのこと。同店が計測したベンチマーク結果では「Galaxy Sよりも高速」という結果が出ているという。

 このほかのデバイスとしては、IEEE 802.11b/g/nやBluetooth、200万画素のカメラ、Gセンサ、GPS、miniHDMIコネクタなどが装備。

 GPSを搭載しているタブレット、というのもなかなか珍しい。また、「AndroidMarketにも接続できた」(ショップ)とのこと。

 このほか、次回入荷分からはデザインが変更され、「(以前発売された)OPadと同じ筐体になる」(ショップ)とか。


□関連記事
【2010年8月7日】OPad(今週見つけた新製品)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100807/ni_copad.html

Haipad M9 GPS

[撮影協力:東映無線ラジオデパート店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.