【 2012年5月30日 】
クレバリーが自己破産、負債は3億3,200万円

※(5/30 18:30更新)写真および記事本文を追加しました。
※(5/30 12:40更新)本社や店頭の写真を追加。

告示書

クレバリー秋葉原店前

 人気PCパーツ店を運営していた株式会社クレバリーが30日(水)に自己破産したことが明らかになった。

 5月30日(水)現在、店頭には破産手続き開始を伝える告示書が掲示されているほか、同社の通販サイトも業務を停止。サイト上には「申し訳ございません。現在全ての受注業務を停止しております。」という一文が掲載されている。

 帝国データバンクの速報によると、負債額は3億3,200万円。


●クマの「山田くん」で知られる老舗店


クレバリー本社

クレバリー本社の入り口

山田くん

2月まで営業していた1号店

クレたん

2月まで営業していた2号店

クレたんのつぶやき

桜上水のクレバリー跡地(2010年撮影)
 クレバリーは、1991年設立。秋葉原では1996年から店舗を運営していた老舗で、今年2月までは3店を運営。

 独自流通を含む各種バルク品を多数扱っていた1号店、キーボードなど入力デバイス専門店として知られていた2号店、初心者向けの品揃えをうたうインターネット館と、特徴的な店舗構成だったが、2月末に「付近一帯の再開発」という理由で1号店と2号店を閉店、元クレバリー インターネット館をクレバリー秋葉原店という店名に変更して、営業を続けていた。

 一方、同社の経営状態については、昨年から業界内で噂になっており、「現金取引のみにしていた」(代理店)という例もあったよう。閉店間際の今月には、人気製品の入荷がない、あるいは目立って少ないといった光景も確認されている。

 また、同店はクマのマスコットキャラクター「山田くん」や、その山田くんをモチーフにした女性キャラ「クレたん」など、独特のマスコットキャラクターでも印象深い。山田くんは、店頭POPの「主役」として、様々に登場。弊誌「萌えキャラコンテンスト」でも特別枠ながら300票を超える人気キャラクターだった。

 クレたんは2010年に登場、店頭POPやTwitterで「非公式キャラ」として活動していたキャラクター。同店業務停止後も「クレたん永遠に不滅です!」などつぶやきが続いている。


□クレバリー
http://www.clevery.co.jp/
□大型倒産速報(帝国データバンク)
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3612.html
□クレたん(Twitter)
http://twitter.com/cletan

□関連記事
【2012年2月10日】クレバリー1号/2号店が2月末で閉店、インターネット館に統合、再開発で
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120211/etc_clevery.html
【2012年4月18日】クレバリー1号店跡に中古モバイル専門店、28日(土)オープン
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120421/etc_rmobile.html
【2012年4月20日】FreeTが自作通りに移転オープン、2フロア構成に
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120421/etc_freet2.html
【2012年4月7日】自作通りに新店舗オープン、旧クレバリー跡地にも動きあり
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120407/etc_redzone.html


※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.