【 2012年6月16日 】
自作PCまんが「パーツのぱ」がリアル店舗化
アスキーのイベントも明日実施、X68000などでゲーム可能

 自作PCまんが「パーツのぱ」に登場するパーツショップ「こんぱそ」が秋葉原に登場。パソコンハウス東映が「こんぱそ」として営業中だ。営業日は16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)の計4日。


 「パーツのぱ」は、PC雑誌の週刊アスキーなどで連載中の、自作PCを題材とした漫画。著者は藤堂あきと氏。

 今回の“リアル店舗化”は、「パーツのぱ」のコミックス最新刊が近く発売されることを記念したものという。パソコンハウス東映を選んだ理由は「漫画のイメージに近かったから」(アスキー)とのこと。

 店頭や店内には、「こんぱそ」の女性スタッフ「天戸勇」「本楽睦葉」の等身大POPやイラストなどが多数掲示。おすすめ製品には、イラスト入りの「菜瀬美のおすすめ!」POPなども付けられている。

 パソコンハウス東映のスタッフも、「こんぱそ」のスタッフと同じグリーンのエプロンを身に着け、演出に一役買っている。たまにスタッフの一人が、「こんぱそ」のバイヤー「手木崎」よろしくアフロヘアー姿で登場することもあるそうだ。

 また、営業日には「こんぱそ」のロゴ入りレジ袋を使用するほか、クリアファイルとシールをプレゼントするというサービスも実施される。レジ袋、クリアファイル、シールがもらえるのは500円以上の商品を購入した場合のみ。


●17日にはベルサール秋葉原でイベント実施
 MSXやPC-8801、X68000でのゲームプレイも

 なお、17日(日)には、最新ノートPCやスマートフォン、AV機器などが多数出展されるイベント「夏のASCIIフェス2012」が開催される。

 製品の体験コーナーやイベントステージなどのほか、MSX、PC-8800、X68000といった往年のパソコンで当時のゲームがプレイできるという「アスキー・ミュージアム」も設けられる予定だ。

 会場はベルサール秋葉原1階で、開催時間は10:00〜17:00。


□夏のASCIIフェス2012(アスキー・メディアワークス)
http://ascii.jp/asciifes/

パーツのぱ

[撮影協力:パソコンハウス東映]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.