【 2012年7月12日 】
Intel製のPCIe-SSDが登場、サーバ向けで18万円〜
電力&エアフロー強化で速度向上も

※(7/13更新)PC DIY SHOP FreeTの店頭デモを追記

 Intel初のPCI Express SSD「910」シリーズが発売された。ラインナップは400GBと800GBの2モデルで、実売価格は400GBが18万円前後、800GBが37万円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。


●電力&エアフロー強化で「最大パフォーマンスモード」も

 910シリーズはデータセンター向けとされたPCI Express 2.0 x8接続カードタイプのSSD。

 高い耐久性を持つ25nmプロセスの同社製MLC NANDフラッシュを採用し、製品としては標準比30倍の耐久性を実現したとしている。この耐久性の具体例については、「5年間に渡り、最大1日10回ドライブ全域へ書込みした場合に相当する」(同社)という。

 データ転送速度の高さも特徴。公称の最大性能(800GBモデル)は、シーケンシャルアクセスがリード2GB/s、ライト1GB/s、ランダムアクセス(4KB)がリード180,000IOPS、ライト75,000IOPS。

 さらに、最大パフォーマンスモードではシーケンシャルライトが最大1.5GB/sに上昇するという。ただし、このモードでは通常より多い電力とエアフローが必要とされている。

 カードサイズは167.65×56.15mm(最大部、ブラケットを除く)。重量は800GBモデルが190g、400GBモデルが125g。



※以下、7/13追記分。
 なお、PC DIY SHOP FreeTでは店頭デモも実施中。店頭デモは自由に操作できる状態で、ベンチマーク結果なども確認できる。


□Intel SSD 910 Series(Intel)
http://ark.intel.com/ja/products/series/67007
http://www.intel.com/content/www/us/en/solid-state-drives/ssd-910-series-specification.html
□ニュースリリース(インテル)
http://newsroom.intel.com/community/ja_jp/blog/2012/04/12/

Intel 910

[撮影協力:オリオスペックPC DIY SHOP FreeT]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.