ニュース

二重反転ファン採用のサイズ製CPUクーラー「風魔弐」が近日発売

 二重反転ファンを採用したサイズのCPUクーラー「風魔弐(SCFM-2000)」が近日発売される見込みだ。同社は24日(水)に出荷を開始するとしている。想定販売価格は税抜き6,980円。

 ツクモeX.パソコン館にはサンプルが入荷している。

厚さ15mmと25mmの120mmファンを各1基装備

 風魔弐はサイドフロータイプのCPUクーラーで、「2重反転方式」のファンを採用しているのが特徴。2つの120mmファンと2つのフィンを交互に配置する構造で、フロント側のファンを反時計回り、リア側のファンを時計回りとすることで気流の乱れを低減し、風量と静圧特性を向上したとしている。

 フロント側には新たに設計したという厚さ15mmの薄型ファン「Kaze Flex Slim 120」が、リア側には厚さ25mmのファン「Kaze Flex 120」がそれぞれ装備。PWMファンに対応したY字電源ケーブルが同梱されており、1基のコネクタで両方のファンに電源を供給できる。また、ファン固定用ワイヤークリップは3組付属しており、計3基のファンを装着できる(15mm厚×1、25mm厚×2)。

 対応CPUソケットはLGA775/1151/1150/1155/1156/1366//2011/2011-v3/2066、Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2/FM2+/AM4で、Socket TR4は非対応。

 ファンを含むサイズは幅137×高さ154.5×奥行き131mm、重量は1kg。ファンの回転数はフロント・リアとも300~1,200rpm、ノイズレベルはフロントが2.7~23.9dB、リアが4~24.9dB。上記以外の付属品はリテンションキット、グリス、ドライバー、マニュアル。

[撮影協力:ツクモeX.パソコン館]