取材中に見つけた○○なもの

ファミコンのコントローラをATARI仕様にできる改造基板が店頭販売中

ファミコンのコントローラをMSX等で遊ぶ基板

 ファミコンのコントローラをMSXなどで利用するための改造基板が、BEEP 秋葉原店で販売中。店頭価格は税抜き650円(税込715円)で、同人サークル「じむのお店」の作品。

 これは、ファミコンコントローラの内部基板と交換することで、いわゆるATARI仕様のゲームパッドにできるというもの。基板にはD-sub 9ピンケーブルのリード線をはんだ付けできるようになっており、ケーブル接続後に基板をコントローラに搭載することで、MSXなどで利用できるようになります。パッケージに入っているのは基板とマニュアルのみで、D-sub 9ピンケーブルは別途用意する必要があります(同店では「AMP9ピンケーブル」を販売中)。

基板の反対面
説明書付き

 動作するのは十字キーとA/Bボタンで、IコントローラにあるSELECTとSTARTボタン、IIコントローラにあるマイクとボリューム機能は利用できないとのこと。また、基板はリバーシブル仕様で、IコントローラとIIコントローラの両方に対応しているそうです。ちなみに、基板や同梱されているマニュアルにはFlashAirの応援キャラクター「閃 ソラ」がデザインされています。

 興味がある方は購入を検討してみてください。

実装方法はイラストやマンガで紹介
パッケージ
【ファミコンのコントローラーをMSXで遊ぶ基板 実演動画(じむ氏のチャンネル)】