パワレポ連動企画

新世代ケースで作った低価格マシン

【見せるぜ!俺のメインマシン(4)】

DOS/V POWER REPORT 2015年4月号

 こだわりの自作PC専門誌「DOS/V POWER REPORT」の特集をほぼまるごと紹介するこのコーナーでは、「2015年4月号」の第一特集「見せるぜ!俺のメインマシン」を掲載する。

 今回紹介するのはDOS/V POWER REPORT執筆陣が作成した「俺のメインマシン」の三台目。これまで紹介した万能型のメインマシンとは異なり、仕事に使用することを主目的とした低価格でシンプルな構成のPCだ。

 自作PCは用途別にシンプルな構成で組むという制作者のポリシーに則った、動作の安定性やメンテナンス性に重点を置いた割り切りのいい構成は、似たようなPCの作成を考えている読者の面々には参考となるだろう。また、拡張の余地は十分にあるので、ここから用途に応じてパーツを追加していくのも手だ。

 この特集が掲載されているDOS/V POWER REPORT 2015年4月号は全国書店、ネット通販にて絶賛発売中。特集記事は今回掲載している第一特集のほか、最近手が届く価格まで下がってきた4K対応製品や、高度な3Dゲーム対応製品など、ポストフルHDをにらむ液晶ディスプレイを解説した「新世代液晶ディスプレイ一斉テスト」や、5インチベイに光学ドライブ内蔵という考えはもう古いのか!?「外付け&スリムベイ内蔵光学ドライブ14」、ミドルレンジGPU期待の新製品を解説する 「ついに登場!! NVIDIA GeForce GTX 960」など、特別企画も満載。人気の連載記事、橋敏也氏による「橋敏也の改造バカ一台」や本Web連載中のAKIBA限定!わがままDIY+の本編「わがままDIY」も掲載だ。

 今号の特別付録は売れ筋から最新Titaniumモデルまで解説した「電源大図鑑37」。自作において、電源は絶対に軽視してはいけない。出力ワット数だけでなく、コネクタの数や寸法も要チェックだ。


- 見せるぜ!俺のメインマシン -
常用PCの最新型は一つじゃない!!


DOS/V POWER REPORT本誌執筆陣7名が競作(3)
新世代ケースで作った低価格マシン

第三弾担当:竹内亮介

普段の使い方

 PCケースやCPUクーラーのレビューを担当することが多い、小型PCケースのマニア。パーツのコストパフォーマンスにも敏感で、多少型落ち気味のパーツでも、オトク感があれば積極的に買う。

 日々のメンテナンスを重視するので、どんな目的の構成であってもPCケースを最初に決める。

 自作PCは、用途別にシンプルな構成で組み上げる。これが私の哲学である。複数の用途を1台にまとめると、アプリの管理や再インストールがめんどうになるからだ。当然、仕事場に置くメインPCもシンプルになる。

 ただし利用時間はもっとも長くなるので、静かで安定動作することや、普段の清掃やメンテナンスが楽で、最善の性能を発揮し続けられることが重要になる。必要以上にコストをかける気はないものの、ここにはこだわりたい。一方で、行なう作業はWebブラウザでの情報収集や原稿執筆が中心なので、CPUなどのグレードは低くても大丈夫だ。

パーツ構成と共通ベンチマーク結果

メンテナンスしやすいPCケースは長く付き合える相棒になる

5インチベイを排除して自由度を確保
S340 Whiteは、幅22cm、奥行き43.2cm、高さ44.5cmと、最近のATX対応PCケースとしては比較的コンパクトだ。5インチベイを排除し、前面に大型ラジエータやケースファンを増設できるようにしている
アクリルパネル越しに内部が見える
左側板にはアクリルパネルが組み込まれており、マザーボードやビデオカード周辺の様子が外からでも見えるようになっている

 低価格なPCケースの多くは、内部構造が古くさくて選びにくい。そのためピンと来るモデルをなかなか見付けられなかったのだが、秋葉原を取材中に偶然見付けたのが、この「S340 White」だ。

 最大の特徴は、5インチベイを排除して、そのエリアを自由に使えるようにしていることだ。14/12cm角ファンを増設して冷却を強化してもよいし、大型のビデオカードを搭載してゲームPCにしてもよい。

 内部が広いためメンテナンスも容易であり、低価格ながら長く付き合っていけそうなPCケースである

12cm角ファンを2基搭載
背面と天板に、12cm角ファンを1基ずつ装備する。CPUクーラーの冷却強化によく効く配置だ。天板のファンは14cm角に換装できる
ケーブルはカバーで隠れる
右側面の下部を見ると、電源ユニットの余ったケーブルやシャドーベイが、左側面のカバーで隠されるようになっていることが分かる
美しい裏面配線にはワケがある
マザーボード裏面のスペースは実測値で約2cm。またへこみのある白いケーブルマネジメント用のバーを設けており、ここに太い電源ケーブルをまとめれば、右側板への干渉はまず起きない

コンパクトなミドルタワーとは思えない懐の深さに刮目せよ

前面パネルは手で外せる
前面パネルの下部にあるスリットに手を当て、ゆっくり前方向に引っ張ることで前面パネルを外せる。その奥には防塵フィルタ、そして14/12cm角ファンや水冷キット用のラジエータを組み込めるスペースがある
大型ラジエータを搭載可能
前面のスペースには、28cmクラスの大型ラジエータが組み込み可能だ。ラジエータの上下にも余裕があり、ケーブルの取り回しも楽に行なえる
36.4cmまでの拡張カードに対応
ビデオカード用のスペースも36.4cm確保しており、高性能なハイエンドカードも組み込める。前面にファンを増設してビデオカードの冷却を強化するのもいいだろう

CPUパワーはCore i3でも十分、Quick Sync Videoが便利

Windowsを利用するなら十分のパワー
2コア4スレッドに対応するCore i3-4160だ。動作周波数は3.6GHzで、Haswell Refresh世代のCore i3の中では中位のモデル。動画エンコード支援機能「Quick Sync Video」に対応
Quick Sync Videoに対応
ハードウェアで動画のエンコードをサポートする「Quick Sync Video」に対応の動画エンコードアプリを利用することで、高速で低負荷の動画エンコードが行なえる

 Core i3シリーズは、2コア4スレッド実行に対応する低価格帯のCPUだが、一般的な用途には十分な性能を持ち合わせている。実際、Windows 8.1の利用でウィンドウを移動したり、スクロールや画面切り換えをしたりしても不満を感じる場面はない。フルHDの動画再生でもたつくこともない。

 旅行先に持っていくタブレットで動画を見ることも多いのだが、それにはQuick SyncVideoによる動画エンコード支援機能が役に立つ。もっと安いPentiumシリーズでもQuick Sync Videoは利用できるが、実は処理時間が約2倍かかる。Core i3のQuick Sync Videoなら、Core i7のQuick Sync Videoとほぼ同じ時間で作業が終了する。

上位モデルと下位モデルとのCPU性能比較

オーバークロックはしないのでスタンダードなH97マザーを選択

H97搭載のスタンダードマザー
チップセットにIntel H97を搭載するGA-H97-D3H(rev1.0)。Serial ATA3.0ポートやUSB3.0ポートはそれぞれ6基まで利用できるほか、M.2スロットを備える
片方のBIOSが壊れても大丈夫
GIGA-BYTEの「DualBIOS」機能は、BIOS ROMチップを2個搭載し、一方が壊れても、もう一方から起動できる機能だ。個人的にこの機能に助けられた経験は多い

 CPUはCore i3を定格で利用する。条件がこれだけなのであれば、Intel B85やH81をチップセットとして採用する本当のローエンドマザーがぴったりのようにも思える。

 しかし個人的には、フルHD解像度の液晶ディスプレイを2台組み合わせたデスクトッH81搭載のマザーボードでは、デジタル2系統で液晶ディスプレイと接続できるモデルが少ない。

 今回は、Intel H97を搭載するGIGABYTEの「GA-H97-D3H(rev 1.0)」を選択した。M.2スロットやSATA Expressポートを搭載しており、将来、高速なSSDにアップグレードしたくなっても対応できる。

デジタル出力でデュアルディスプレイ環境を構築可能

 バックパネルのディスプレイ出力端子は、HDMI、DVI-D、Dsub 15ピンの3種類だ。仕事場では、フルHD対応ディスプレイを2台接続してデュアルディスプレイ環境を作っているため、デジタル出力端子は最低限2個必要。H81やB85を搭載するマザーボードは、この条件を満たせないことが多い

大容量ファイルはサーバーへ
PCには直近のデータのみ保存

ベストセラー「MX100」の後継モデル
Crucial BX100シリーズは、512GBモデルでも実売価格が24,000円前後と、SSDの価格相場を大幅に引き下げたCrucial MX100シリーズの後継モデルだ。シーケンシャルライト性能と、ランダムアクセス性能が若干向上した
リード/ライト性能も十分
リード/ライト性能は、この価格帯のSSDとしては平均的なレベル。とはいえ実際の使用感は良好で、不満を感じることはないだろう

 ストレージは、コストパフォーマンスに優れたMicronの「Crucial BX100 CT250BX100SSD1」を1台組み込んだ。HDDは組み込まず、SSDのみで運用する。

 メインPCとして考えると、250GBはちょっともの足りないのでは?と感じるユーザーもいるかもしれない。しかし過去の膨大な仕事用ファイルは事務所に置いたサーバーで、そして直近のファイルはクラウドと同期して管理している。メインPCに大容量ファイルをそのまま保存しておく必要はないので、250GBでも十分なのだ。

動作音が気になるならファンをマザーボードに接続して調整

ファンは常時最大回転
S340 Whiteのケースファンは、マザーボード裏面にあるファン用分岐ケーブル経由で、電源ユニットに直接接続される。そのためファンの回転数は常に最大だ
マザーボードに接続する
そこで分岐ケーブルからファンのコネクタを外し、マザーボードのケースファンコネクタに接続しよう。さらにWindows上の設定ユーティリティから、回転数を調整する
独自ユーティリティを利用して調整
Intel 9シリーズを搭載するGIGA-BYTEのマザーボードでは、「System Information Viewer」を利用してケースファンの回転数を調整する。今回は「スタンダード」モードを選択した

 個人的には、これまで組んだ中で一、二を争うほどの美しい裏面配線の完成度に満足していた。しかし背面と天板のファンは、裏面の分岐ケーブル経由で電源ユニットに直結されており、ケースファンは常にフル回転。そのため動作音が少々気になる。

 そこで、ケースファンのコネクタをマザーボードに接続し、Windows上のユーティリティで調整することにした。Intel 9シリーズを搭載するGA-H97-D3H(rev1.0)では、システム状態を確認できる「System Information Viewer」から、ファンごとに細かく動作モードを変更することが可能だ。

 今回はもっとも一般的なプリセット「スタンダード」で2基のケースファンやCPUファンを制御してみた。すると、CPU温度は4℃上昇したが、動作音はかなり小さくなった。40cmも離れれば気にならなくなる。

動作音とCPU温度の変化
【検証環境】室温:21.5℃、暗騒音:32.2dB、動作音測定距離:ケース正面から20cm、回転数:最大:ケースファンを電源ユニットに接続、「スタンダード」設定:ケースファンをマザーボードに接続してSystem Information Viewerからファンコントロールモードを「スタンダード」に設定、アイドル時:OS起動10分後の値、高負荷時:OCCT 4.4.1 POWER SUPPLYを10分間動作させたときの最大値、CPU温度: HWMonitor 1.26のCPU Temperatures のPackageの値

竹内亮介が提案する活用&拡張プラン

テレビチューナーカードとHDDを増設、4チャンネル同時録画にチャレンジ

2番組の同時録画対応
アイ・オー・データ機器
GV-MVP/XS3W
実売価格:16,000円前後

地上デジタル、BS/CSデジタルに対応するチューナーを2系統搭載し、1枚で2番組の同時録画が行なえるテレビチューナーカードだ。最大15分の1に容量を圧縮して録画する機能にも対応する
値頃感のある3TBモデル
Western Digital
WD Green WD30EZRX-1TBP
実売価格:12,000円前後

容量が3TBの3.5インチHDDだ。容量単価に換算すると、現状ではもっとも買い得感のあるHDDの一つである。回転数は5,400rpmで動作音が小さく、消費電力も少ないのでテレビ録画用にはマッチしている

 ローコストながら、なかなか使い勝手のよいPCに仕上がった今回のマシン。自作PCならではの拡張プランとして、テレビチューナーとHDDの増設をオススメしたい。

 BDレコーダと液晶テレビでも同じことはできるが、自作PCには「拡張」の余地がある。ユーティリティが許す限り、という制限はあるものの、必要に応じて同時録画できるチューナー数を増やしたり、足りなくなった録画領域を増やしたりできるのは、自作PCならではだ。

 ここではアイ・オー・データ機器のテレビチューナーカード「GV-MVP/XS3W」と、Western DigitalのHDD「WD Green WD 30EZRX-1TBP」を2台ずつ増設し、6TBの領域に4番組を同時録画できるAV PCに仕立ててみた。1枚目のテレビチューナーカードの導入時には、ドライバやユーティリティのインストールが必要だが、2枚目はカードをPCIExpressスロットに挿すだけでよい。

 CPUがCore i3-4160なので、同時録画時のCPU負荷がちょっと不安だったが、実際に試してみると4番組の同時録画でも5%前後だ。ハードウェアエンコードなので、システムへの負荷は低いのだろう。

使用イメージ
自作PCの場合、テレビチューナーカードを増やせば同時録画番組数が増える。HDDを増やせば録画時間が増える
BDレコーダでも外付けHDDを接続すれば録画時間は増やせるが、チューナー数は増やせない
2枚のGV-MVP/XS3Wで4番組同時録画
GV-MVP/XS3Wに付属するユーティリティ「mAgicガイドGT」から、同じ時間帯の4番組に対して録画予約が行なえた。
 録画予約を管理する「mAgicマネージャGT」の設定画面から、認識されているチューナーの数を確認できる
2台のHDDで6TBの領域を作成
GV-MVP/XS3Wの録画ユーティリティ「mAgicTV」では、録画領域を一つしか設定できない。そのためWindowsの「ディスク管理」ユーティリティを使い、2台のHDDを一つのボリュームにまとめる必要がある。
 mAgicマネージャ GTの設定画面で録画可能時間を確認してみると、圧縮しない最高画質で約530時間の録画が可能だった

ビデオカードを追加してゲームPCに

高負荷時のみファンが回転
ASUSTeK Computer
STRIX-GTX960-DC2OC-2GD5
実売価格:31,000円前後

最新のGPU「GeForce GTX 960」を搭載するアッパーミドルのビデオカードだ。コアクロックを若干オーバークロックしている高性能モデルで、ディスプレイ出力端子はDisplayPort×3、HDMI×1、DVI-I×1
「STRIX」シリーズは、負荷が高い状況になるまでファンが回転しない「ゼロノイズファン」機能を搭載する。今回もPCゲームのプレイ時以外はファンは回転しなかった

 内部が広くて自由度の高いPCケースなので、ビデオカードを追加してゲームPCとして使うのもよい。今回はほかのパーツとのバランスを取り、アッパーミドルの「GeForceGTX 960」を搭載するASUSTeKの「STRIXGTX960-DC2OC-2GD5」を増設した。

 実際の結果を見れば一目瞭然だが、CPU内蔵GPUとは比較にならないほど描画性能が向上した。とくに描画の負荷が高い状況での性能は10倍にも達し、ゲームPCとしての適性が大きく向上する。また、ビデオカードを追加することで、次の場面に移動する際の待ち時間も短くなった。

ベンチマーク
【検証環境】バトルフィールド4:バトルフィールドの序盤をプレイ中に「Fraps」で計測、グラフィックス設定は「中」と「高」に設定

CPUクーラーを追加してCPU温度を低く抑える

12cm角ファンを装備するサイドフロータイプ
サイズ 虎徹
実売価格:3,500円前後

6mm径のヒートパイプを4本組み込んだ細身のヒートシンクと、12cm角ファンを組み合わせたサイドフローのCPUクーラーだ。メモリやVRMヒートシンクと干渉しにくい
虎徹は細身だが、高さが16cmある。そのためP Cケースを選ぶ傾向はあるのだが、S340Whiteでは問題なく装着できた

 マザーボードのファンコントロール機能でケースファンを制御することで、かなり静かにPCを利用できるようにはなった。しかしCPU温度は70℃後半まで上昇しており、個人的にはもう少し低い温度で運用したくなる。そこでさらに、CPUクーラーをサイズの「虎徹」に換装して検証を行なった。

 結果は下のグラフのとおりだが、CPU温度は心配する必要がまったくないレベルまで低下した。動作音に関しては、付属CPUクーラーのときは低回転で動作していても低い風切り音が気になったが、虎徹では内部からの音漏れはほぼなくなり、非常に静かだ。

CPU温度と動作音
【検証環境】室温:21.5℃、暗騒音:32.2dB、動作音測定距離:ケース正面から20cm、回転数:最大:ケースファンを電源ユニットに接続、「スタンダード」設定:ケースファンをマザーボードに接続してSystem Information Viewerからファンコントロールモードを「スタンダード」に設定、アイドル時:OS起動10分後の値、高負荷時:OCCT 4.4.1 POWER SUPPLYを10分間動作させたときの最大値、CPU温度: HWMonitor 1.26のCPU Temperatures のPackageの値

【共通ベンチマーク条件】

OS:Windows 8.1 Pro 64bit版、アイドル時:OS起動10分後の値、高負荷時:OCCT 4.4.1 POWER SUPPLYを10分間実行中の最大値、電力計:Electric Educatinal Devices Watts Up? PRO

【使用パーツ問い合わせ先】

Intel:0120-868686(インテル)/ http://www.intel.co.jp/
GIGA-BYTE TECHNOLOGY:050-3786-9585(CFD販売)/ http://www.gigabyte.jp/
CFD販売:-/ http://www.cfd.co.jp/
Micron Technology:-/ http://www.crucial.com/
NZXT:Webサイトのフォームから(タイムリー:http://www.timely.ne.jp)/ http://www.nzxt.com/
サイズ:support@scythe.co.jp / http://www.scythe.co.jp/
アイ・オー・データ機器:0120-777-618 / http://www.iodata.jp/
Western Digital:0120-994-120 / http://www.wdc.com/jp/
ASUSTeK Computer:info@tekwind.co.jp(テックウインド)/ http://www.asus.com/jp/


DOS/V POWER REPORT 2015年4月号は2015年2月28日(土)発売】

★第一特集「見せるぜ!俺のメインマシン」
★第二特集「新世代液晶ディスプレイ一斉テスト」
★特別企画「ついに登場!! NVIDIA GeForce GTX 960」「外付け&スリムベイ内蔵光学ドライブ14 選」「趣味系SNSにどっぷりハマる!」
★連載「最新自作計画」「POWER REPORT PLUS」「自作初心者のための[よくある質問と回答]」「New PCパーツ コンプリートガイド」「激安パーツ万歳!」「橋敏也の改造バカ一台」「PCパーツ スペック&プライス」「全国Shopガイド」「DOS/V DataFile」

★ 紙版を買うと電子版(PDF)を無料ダウンロード可能
★ 特別付録小冊子「電源大図鑑37」(紙版のみ別途付録、電子版では本誌末尾に収録)
★ 電子版は割安な税別926円
★ 毎月700円(税込)で最新号が読める 直販電子版 月額プランも受付中
http://book.impress.co.jp/teiki/dvpr/2014-12-26-1549.php

【電子販売ショップ】

(AKIBA PC Hotline!編集部)