パワレポ連動企画

操作性が大幅に向上!
〜Windows 10 デスクトップの“三つ”の機能〜

【即効! Windows 10×PC自作(3)】

DOS/V POWER REPORT 2015年9月号

 こだわりの自作PC専門誌「DOS/V POWER REPORT」の特集をほぼまるごと紹介するこのコーナーでは、「2015年9月号」の第一特集「新OSがあなたのマシンを変える 即効!Windows 10 × PC自作」を掲載する。

 第三回目となる今回は、Windows 10に追加された機能の中から、操作性が大きく向上するデスクトップの三つの機能について解説していく。

 この特集が掲載されているDOS/V POWER REPORT 2015年9月号は全国書店、ネット通販にて7月29日(水)に発売。ついに発売されるWindows 10を解説した第一特集のほか、頻繁に買い換えるものではない電源ユニット、カタログや口コミだけでは分からない部分を徹底解析する第二特集「出力だけじゃない! 効率だけじゃない! 2年後に後悔しない電源」、二次元世界の嫁の写真(イラスト)もきれいに拡大!「“最新ハードによる”waifu2x活用講座」、容量も重要だけど、やっぱり品質にも気を遣いたい「安くなった高性能、高品質メモリを狙え! DDR4/DDR3メモリコレクション2015」、MVNOのお供に選べるスマホ「選べる自由とハイコスパをその手に! すぐ買えるSIMフリースマホ」など、特別企画も満載。人気の連載記事、橋敏也氏による「橋敏也の改造バカ一台」や本Web連載中のAKIBA限定!わがままDIY+の本編「わがままDIY」も掲載だ。

 今号の特別付録は高音質、ハイレゾ対応、デザイン性、コストパフォーマンス、多彩なニーズに応えます!「サウンドデバイス大全2015」だ。


- 操作性が大幅に向上!〜Windows 10 デスクトップの“三つ”の機能〜 -


操作性が大幅に向上
デスクトップの三つの機能

 Windows 10ではさまざまな機能が追加されているが、その中でも操作性の向上につながるものが「タスクビュー」と「仮想デスクトップ」、「アクションセンター」だ。

その1:ウィンドウが見える タスクビュー

 従来のWindowsではタスクバーか「Alt+Tab」キーのショートカットキーでアプリやウィンドウを切り換えていた。Windows 10では、これらに加えて「タスクビュー」と呼ばれる機能を提供している。

 タスクビューを有効にするには、タスクバーにあるタスクビューボタンをクリックするか、「Windows+Tab」キーを押せばよい。これですべてのウィンドウが縮小表示され、アクティブにしたいものをクリックして選択することが可能になる。タスクバーや「Alt+Tab」キーのショートカットではアイコンや小さいサムネイルしか表示されないため、とくに同じアプリで複数のウィンドウを開いているときに選びづらいという難点があった。しかしタスクビューでは、ウィンドウの内容を見ながら選べるため分かりやすい。

その2:用途に応じて使い分け 仮想デスクトップ

 ようやく搭載された「仮想デスクトップ」もWindows 10の目玉機能だ。同様の機能を実現するユーティリティはこれまでにも多数存在していたが、Windowsに標準機能として組み込まれたことのメリットは大きい。

 仮想デスクトップを使うには、タスクビューに切り換えた後、右下に表示される「新しいデスクトップ」ボタンをクリックする。これで新しいデスクトップ画面が現われ、通常のデスクトップと同様にウィンドウを配置できる。仮想デスクトップを利用している状態でタスクビューにすると、画面下部にそれぞれのデスクトップのサムネイルが現われ、ここでデスクトップを切り換えられる仕組だ。

 作成した仮想デスクトップは再起動後も維持されるため、いちいち作り直す必要がないのも便利だ。

その3:過去の通知を参照できる アクションセンター

 セキュリティやメンテナンスに関する情報をユーザーに通知するため、Windows 7で導入されたのが「アクションセンター」だ。Windows 10では同じ名前でまったく別の機能となり、OSや各アプリからの通知を集約し、過去に受け取った通知を参照できる機能が割り当てられている。新たな通知は画面右下にWindows 8系と同じトースト形式で表示され、一定時間で消えるようになっている。なおWindows 7でアクションセンターと呼ばれていた機能は、Windows 10では「セキュリティとメンテナンス」としてコントロールパネル内に残っている。

 アクションセンターはタスクトレイにあるアイコンをクリックするか、「Windows+A」キーで起動できる。これで画面右側にアクションセンターが表示され、通知の一覧が表示される。

 アクションセンター領域の下部には、タブレットモードや回転ロック、OneNoteの起動(ノート)、設定の表示(すべての設定)などを行なうための「クイックアクション」が表示されている。この領域は折りたたみが可能で1列だけを表示するようにできるほか、表示する設定項目をユーザーがカスタマイズすることも可能である。

作業に集中したいときは一時的に通知を停止

 アクションセンターのアイコンを右クリックで現われるメニューから「通知の停止時間をオンにする」を選ぶと、通知を非表示にすることが可能だ。再開するには、再度メニューを開いて「通知の停止時間をオフにする」を選択する。

クイックアクションをカスタマイズ

 アクションセンターに表示されるクイックアクションは、設定の中にある「システム」の「通知と操作」でカスタマイズできる。さらにここでは、アプリごとに通知のON/OFFを設定するための項目も用意されている。

タスクトレイに表示するアイコンを選択

 通知と操作にある「タスクバーに表示するアイコンを選択してください」はそれぞれのアプリのアイコン、「システムアイコンのオン/オフ」ではWindows標準のアイコンについて、タスクバーでの表示と非表示を切り換えられる。


※掲載されている画面はすべてWindows 10 Insider Previewビルド10240のものです。


[Text by 川添貴生]


DOS/V POWER REPORT 2015年9月号は2015年7月29日(水)発売】

★第1特集「新OSがあなたのマシンを変える 即効!Windows 10 × PC自作」
★第2特集「出力だけじゃない! 効率だけじゃない! 曖昧な口コミでは分からないデータが一杯! 2年後に後悔しない電源」
★特別企画「二次元画像の美麗アプコンで超話題 “最新ハードによる”waifu2x活用講座」「安くなった高性能、高品質メモリを狙え! DDR4/DDR3メモリコレクション 2015」「選べる自由とハイコスパをその手に! すぐ買えるSIMフリースマホ」
★連載「最新自作計画」「自作初心者のための[よくある質問と回答]」「New PCパーツ コンプリートガイド」「激安パーツ万歳!」「橋敏也の改造バカ一台」「PCパーツ スペック&プライス」「全国Shopガイド」「DOS/V DataFile」

★ 紙版を買うと電子版(PDF)を無料ダウンロード可能
★ 特別付録小冊子「サウンドデバイス大全2015」(紙版のみ別途付録、電子版では本誌末尾に収録)
★ 毎月700円(税込)で最新号が読める 直販電子版 月額プランも受付中
http://book.impress.co.jp/teiki/dvpr/2015-07-22-0000.php

【電子販売ショップ】

【関連書籍】
★DOS/V POWER REPORT編集部によるムック「絶対に失敗しない Windows 10 無料アップグレード」が8月11日(火)に発売予定
Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/dp/4844338811/impresswatch-14-22/

(AKIBA PC Hotline!編集部)