ニュース

SNKのゲーム機「NEOGEO」が復刻、携帯ゲーム機として発売

HDMI対応、ジョイスティックも付属

(12/28 22:45更新)店頭デモを追記

本体…ではなくTV出力ドック

 SNKの往年の家庭用ゲーム機「NEOGEO」が公式ライセンスの携帯ゲーム機として復活、「NEOGEO X」が発売された。

 発売されたのは、ゲーム機本体とテレビ出力ドック、ジョイスティックがセットになった「NEOGEO X GOLD ENTERTAINMENT SYSTEM」(以下NEOGEO X GOLD)で、実売価格は19,900円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

NEOGEOの公式復刻モデルHDMI出力にも対応、ジョイスティックも付属する携帯機

本体
ジョイスティック
トレーダー4号店 カオス館の店頭デモ。ゲームによっては日本語表記に切り替えられる。
内蔵ゲーム一覧
追加のジョイスティックも発売
ポケットの中の100メガショック

 NEOGEO Xは、クロック1GHzのCPUやLinux OS、4.3インチ液晶パネル(480×272ドット)などを搭載したNEOGEOタイトル用の携帯ゲーム機。本体にはNEOGEOのゲーム20タイトルが収録されており、カートリッジなどを接続しなくてもプレイできる。

 収録タイトルはすべて英語版で、パッケージ裏面にはFatal Fury (「餓狼伝説」の英名)やArt of Fighting(「龍虎の拳」の英名)、SAMURAI SHODOWN II(「真SAMURAI SPIRITS」の英名)など、収録タイトル名やスクリーンショットが掲載されている。このほか、初回特典として「NINJA MASTER」のゲームカードも付属する。

 ハードウェア構成はオリジナルのNEOGEOとは異なるため、エミュレータを用いていると見られる(NEOGEO Xの公式サイトには明記なし)が、公式サイトによればSNKプレイモアの公式ライセンス品という。SNKプレイモアは、現在、SNKのゲームタイトルなどの販売を行なっている会社。

 NEOGEO X GOLDは、そのNEOGEO Xとテレビ出力ドック「NEOGEO X Station」、ジョイスティック「NEOGEO X Joystick」の3つで構成。NEOGEO XをNEOGEO X Stationに接続することで、液晶テレビなどディスプレイへの出力が可能になる。NEOGEO X StationとNEOGEO X Joystickは、オリジナルのNEOGEOとその付属ジョイスティックを彷彿させるデザイン。

 パッケージは英語仕様で、一部に「アジア版」との表記もある。ショップによれば「日本正規代理店版で、国内保証も受けられる」とのこと。トレーダー4号店 カオス館では店頭デモも実施中。

 なおこの製品は発表当初、12月6日の発売が予告されていたが、発売が延期されていた。

[撮影協力:トレーダー4号店 カオス館あきばお〜零三月兎2号店]

NEOGEO X GOLD