ニュース

古いビデオカードを「A10 APU」に無料交換!
AMDが驚きのキャンペーン実施

限定1,000名、始まったと思ったらすぐに終了

(5/24 20:58更新)限定数終了を確認。
(5/24 18:00更新)もらえるAPUがA10-5800Kから「A10 APU」に変更。
(5/24 16:40更新)キャンペーンサイトの公開を確認。
(5/24 15:15更新)対象GPUを追記。

ショップに配布されたポスター。なお、もらえるAPUは、A10-5800Kではなく「A10 APU」(モデルナンバー表記なし)に表記が変更されている

 「古いビデオカードを送ると上位APUがもらえる」という、前代未聞のキャンペーンが24日(金)から始まった。

 主催は日本AMDで、キャンペーン名は「古い環境をAPUへリフレッシュ! Send in your VGA」。もらえるAPUは「A10」で、交換できるのは先着1,000名限定だ。

 ショップでも24日(金)から店頭などで告知ポスターを掲出。「発売から2年以内」などの対象GPUも告知されている。

 なお、このキャンペーンでもらえるAPUは、告知当初「A10-5800K」とされていたが、その後告知が変更、単に「A10 APU」という表現に。また、公開が遅れていたキャンペーンサイトもそうした変更を反映するために一旦閉鎖、24日19時ごろに再開したが、ほぼその時点で限定数終了。キャンペーンも終了になってしまった。

ビデオカードを送るとA10に交換!先着1,000名限定

告知当初のポスターには「A10-5800K」と記載されていたが、もらえるAPUは、その後「A10 APU」(モデルナンバー表記なし)に変更された
対象製品
Core i5-3450+GeForce GT630とのベンチマーク比較
注意事項

 これまでも様々な販促キャンペーンを行なっている同社だが、今回はビデオカードを送ると上位クラスのAPU「A10」シリーズ(実売価格約11,800〜12,500円前後)が貰える、という驚きの内容。

 対象となるビデオカードは過去2年間に発売された製品で、スペックの高低やカードメーカーは不問。同社製GPUだけでなく、NVIDIAなど同社以外のGPUを搭載した製品でも良いという。ただし、FireProやQuadroなどのプロフェショナル・ワークステーション向けGPUは対象外。

 同社のキャンペーンサイトキャンペーン告知ページでは、具体的に「Radeon HD 6000/7000シリーズ、GeForce GT/GTX 500/600シリーズ」という対象GPUが明示されている。

 なお、現行のA10シリーズに内蔵されているGPUコアはRadeon HD 7660D。これより低いグレードのカードを送れば得、とも言えそうだが、あまり損得は勘定せずに、死蔵しているカードをとりあえず交換してみるのもよいかもしれない。ただし、Socket FM2マザーボードなど、動作に必要なパーツは自分で揃える必要があるので要注意。

 なお、発売済みのSocket FM2マザーボードについては弊誌バックナンバーのAMDプラットフォーム欄[2013年|2012年]も参照のこと。

 キャンペーンポスターではA10-5800KとCore i5-3450+GeForce GT 630環境を比較。A10-5800Kのほうが高速にゲームが動作するともアピール中だ。

始まったと思ったら終了に

 お得感の強いキャンペーンだけに、大きな注目が集まったが、応募を受け付けるキャンペーンサイトは開始日の24日になってもなかなかオープンせず、オープンを確認できたのは同日16時すぎ。

 その後、「プレゼントするAPUを“A10-5800K”から“A10 APU”に変更する」(日本AMD)として17時前にはサイトを一旦閉鎖。その後再オープンしたが、少なくとも19時30分には限定数を終了。同時にキャンペーンの応募受付も終了している。

[撮影協力:BUY MORE秋葉原本店ソフマップ 秋葉原 リユース総合館]

AMD A10-5800K