ニュース

クラウドな萌えキャラ「美雲このは」がアキバでイベント、
萌えNUCや萌えSSDをプレゼント

今週末と来週末に抽選会を実施

 7月に始まったクラウドサービス「ConoHa」の萌えキャラ「美雲このは」(みくもこのは)がアキバデビュー。萌えNUCや萌えSSD、萌えビデオカードなどが当たるという変わったイベントが実施中だ。

 イベントはGMOインターネットのVPSサービス「ConoHa」(このは)のサービスインを記念したもので、開催日は今週末の6日(土)、7日(日)と、来週末の13日(土)、14日(日)。実施時間は各日11:00〜18:00。

抽選会場

 イベントでは、店頭などでスクラッチくじを配布しており、当たりくじをアキバナビスペース(ブロックD1-[d4])で賞品と交換できる。

「みんなのデーターを守る“電子の座敷童子”になる!」

 「美雲このは」は、「みんなのデーターを守る“電子の座敷童子”になる!」がキャッチフレーズ(?)の女の子キャラ。

 年齢は「13歳ぐらい」、生まれは「栃木県の由緒ある神社(に勝手に住み着いていた一家)」で、12歳になったのを機に東京に修行に出てきたそう。ConoHaのイメージキャラになったのは「たまたまデータセンターに行き着いたから」という無茶っぷりだが、本人曰く「このははくじけない!」。どうやら元気の良さがウリのようだ。

 職業(?)はVPSサービス「ConoHa」の応援団長で、「ConoHa」のサイトに大きく登場しているほか、専用Webサイトや本人(?)のTwitterFacebookページも開設済み。ちなみに、同社の別サービス「GMOアプリクラウド」の応援キャラ「美雲あんず」とは親戚だそう。

 声を担当するのはアニメ「ガールズ&パンツァー」などにも出演した声優の上坂すみれさん。サービス初回登録時の電話認証で声を聞くことができるほか、今回のイベントでも1等当選者にはサイン色紙が用意されているという。

 なお、VPSサービス「ConoHa」は月額976円から利用できる仮想レンタルサーバ。サービス名の「ConoHa」は「“Compute Nodes with Hi-flexible Architecture”の略で、“柔軟に構成可能なコンピューター群”という意味」(GMOインターネット)だとか。

 月額976円のプランでは2コアCPU/メモリ1GB/ディスク100GB/RAID10といったサービスを利用でき、そのほかにもメモリ16GB/10コア/1TB(月額16,170円)など多数のプランが用意されている。

萌えNUCや萌えSSD、萌えビデオカードを抽選でプレゼント

萌えNUC
萌えSSD
萌えビデオカード
「イイネ」でもらえるSDカード
ミネラルウォーター
コスプレスタッフも
配布されているスクラッチカード
PCパーツの解説も「このは」風?
展示されていた「美雲あんず」の痛車。同社の社用車で、実際に使っているとか

 今回開催されたイベントは、この「ConoHa」のサービス開始を記念したもの。

 秋葉原の各所でスクラッチカードを配布、「当たり」が出たら抽選会場で賞品を抽選、というオーソドックスな内容だが、賞品はかなり豪華。

 1等には「このは」がデザインされたNUC(上坂すみれさんの特製サイン入り色紙付き)、2等には同様のSSD、3等には同様のビデオカードが用意されていた。抽選ではハズレはないそうで、残念賞(?)として「このは」のミネラルウォーターも用意されていた。

 また、抽選会場では美雲このはのFacebookページに「イイネ」をするとSDカードが貰えるキャンペーンも実施中だ。

 スクラッチカードの配布場所は、ドスパラやツクモ、BUYMOREの各店舗前やパーツ街の路上など。ちなみにこのスクラッチカード、編集部で何回か引いてみたが、出たのは全て「当たり」。当たりの本数はかなり多く設定されているようだ。

 イベントには「このは」や「あんず」のコスプレイヤーも参加、イベントを盛り上げていた。