ニュース

実売260万円のHuawei製SSDがデモ開始、サーバー向け

最大速度はリード3.2GB/s、ライト2.8GB/s

 2.4TBモデルで実売260万円というHuaweiのエンタープライズ向けPCIe SSD「Tecal ES3000」の販売がドスパラパーツ館で始まった。動作デモも始まっている。

 容量のラインナップは800GB、1.2TB、2.4TBの3種類で、店頭価格(税抜き)は833,000円〜2,424,000円(税込価格は89,9640円〜2,617,920円)。店頭では在庫せず、受注販売のみ行なうとしている。納期は2週間ほど。

PCIe 2.0 x8接続の拡張カード型SSD、最大速度はリード3.2GB/s、ライト2.8GB/s

デモ機には2.4TBモデルが搭載されている
2.4TBモデルは実売260万円
デモ機
HuaweiのPCIe SSD
高性能・高信頼性がウリ
独自のアルゴリズムによるコントローラを搭載
CrystalDiskMarkによるベンチ結果
TxBENCHによるベンチ結果

 モバイルルータなどの通信機器でお馴染みの同社だが、今回の製品はクラウドコンピューティング・データセンター用途向けとされたPCIe 2.0 x8接続の拡張カード型SSD。

 最大転送速度がリード3.2GB/s、ライト2.8GB/s、レイテンシがリード49μs、ライト8μsといった性能を公称するほか、電源ダウンからの保護、ECC/RAID 5による二重エラー検出など、信頼性を向上させる機能も備えるとしている。また、ネットワーク管理プロトコルのSNMPをサポートする。

 各容量の公称性能(最大リード・ライト、最大ランダム4KBリード・ライト)は、800GBモデルが2.2GB/s・1.2GB/s、570,000IOPS・600,000IOPS、1.2TBモデルが3.2GB/s・1.8GB/s、760,000IOPS・770,000IOPS、2.4TBモデルが3.2GB/s・2.8GB/s、760,000IOPS・770,000IOPS。

 採用NANDフラッシュはMLCタイプ。コントローラは同社製FPGAで、800GBモデルでは1基、1.2TB/2.4TBモデルでは3基、それぞれ搭載するという。カードは幅がフルサイズ(非LowProfile)で、長さを抑えたハーフレングスタイプとされている。冷却システムはファンレス。

[撮影協力:ドスパラパーツ館]

Huawei Tecal ES3000