ニュース

Intel NUCにCore i7+Iris 6100搭載モデルが登場、実売7万円

GPUは従来比で3D性能が22%、動画変換速度が50%向上

(5/13 16:46更新)販売を確認。

 Broadwell版Intel NUCのCore i7搭載モデルが登場、Core i7-5557Uを搭載した「NUC5i7RYH」が発売された。店頭価格は税込69,800〜74,000円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

Intel Iris Graphics 6100を搭載、従来比で3D性能が22%、動画変換速度が50%向上

 Broadwell版NUCについてはCore i5/i3モデルが発売済みで、Core i7モデルは今回が初めて。搭載CPUは2コア/4スレッドのCore i7-5557Uで、クロックもベース3.1GHz、ターボ時3.4GHzと、既存のCore i5/i3モデルより高い。TDPは28W(Configurable TDP-downは23W)。

 また、Intel HD Graphicsの上位GPUであるIntel Iris Graphics 6100が搭載。Iris搭載Core i7では大幅なGPU性能の向上が謳われており、従来比で3D性能が22%、動画変換速度が50%向上したという。4K出力にも対応する。

 NUC5i7RYHの本体サイズは115×111×48.7mmで、Core i5/i3モデルの2.5インチドライブ対応モデルと同じ。ストレージは2.5インチHDD/SSD(9.5mm厚まで、6Gbps SATA接続)とM.2 SSD(Type 2242/2260/2280)が内蔵可能。上面への拡張モジュールの増設にも対応する。メモリスロットはDDR3L SO-DIMM×2(最大16GB)。

 主な搭載機能・インターフェイスはMini DisplayPort 1.2、HDMI 1.4a、Gigabit Ethernet、無線LAN(IEEE 802.11ac)、Bluetooth 4.0、USB 3.0(前面/背面各2ポート)、ヘッドホン・マイク端子、赤外線センサー。

 付属品はACアダプタ(19V/65W、マルチカントリー対応プラグ)、VESAマウントブラケットなど。

[撮影協力:ドスパラパーツ館ツクモeX.パソコン館]