ニュース

アニメやアイドルなどに特化した「秋葉原映画祭」が8日から開催

ラブライブ!など13作品を上映、場所はUDXシアター

 劇場版ラブライブ!や実写版パトレイバーといった人気作品が上映されるイベント「第1回 秋葉原映画祭」が、8日(金)からUDXシアターで開催予定だ。実施期間は11日(月)まで。

13作品を4日間にわたり上映、チケットの半券は飲食の割引クーポンにも

 これは、アニメやアイドル、漫画といった秋葉原ならではのコンテンツを集め、設備の整ったスクリーンで鑑賞できるという映画祭。会場となるUDXシアターは、ドルビーデジタルサラウンド6.1chや35mmフィルム映写機などを備え、13作品もの人気タイトルを4日間にわたり上映するという。

 上映タイトルは、8日(金)がラブライブ!The School Idol Movie、劇場版デート・ア・ライブ、シンドバッド、アイズ(実写作品)、9日(土)が火垂るの墓(実写作品)、10日(日)がTHE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット(実写作品)、百日紅 Miss HOKUSAI、ARIA The AVVENIRE、死者の帝国、11日(月)がサイボーグ009 VS デビルマン、たまゆら 〜卒業写真〜 第3部 憧-あこがれ-、紅殻のパンドラ、ハーモニー。

 チケット料金は前売り券が税込1,300円、当日券が税込1,800円(学生、シニア割引あり)。一部の作品は事前に整理券が配布される予定。

 このほか、チケットの半券は各種の割引クーポンにもなる。半券を掲示することで秋葉原UDXレストランやアトレ秋葉原で飲食をする際に割り引きが受けられるほか、同期間に開催される「アイドルフェス in 秋葉原映画祭」にも無料で入場できるという。