ニュース

12個のサイドボタンを備えたゲーミングマウス「SCIMITAR RGB」が発売

サイドボタンの位置は前後に調整可能

 12個のサイドボタンの位置を調節できるCorsairのゲーミングマウス「SCIMITAR RGB(CH-9000091-AP)」が発売された。店頭価格は税込15,300円前後。

 販売ショップは、ツクモパソコン本店ツクモeX.パソコン館ツクモDOS/Vパソコン館パソコンショップ アークBUY MORE秋葉原本店など。

MOBA/MMOゲーム向けのマウス、サイドボタン全体を前後に動かすことが可能

 SCIMITAR RGBは、最高解像度12,000dpiの光学センサーを採用したUSB 2.0接続マウス。MOBA/MMOゲーム向けが謳われており、本体の左サイドにある12個のボタンに、武器や呪文などのアクションを割り当てて操作できるとしている。

 このサイドボタンには、独自の位置調節機能「Key Slider」が装備。マウスの握り方などにあわせて、サイドボタン全体を前後に8mmずつ動かすことができる。位置を調節する際は、付属の「Key slider locking tool」で本体底面からロックを解除する。

 ボタンの総数は17。センサー解像度は100〜12,000dpiに1dpi単位で調節できる。また、バックライトも内蔵しており、サイドボタンやホイールなど、4つのゾーンの点灯を独立して設定できるという。

 マクロ、バックライト、センサー解像度などの設定には専用ソフトの「Corsair Utility Engine(CUE)」を使用。センサー解像度はホイールの手前にあるボタンでも調節できる(5段階)。

 本体サイズは幅77×奥行き119.4×高さ48.8mm。重量は約147g。USBケーブル長は約1.8m。対応OSはWindows 10/8.1/7。

[撮影協力:ツクモパソコン本店ツクモeX.パソコン館パソコンショップ アーク]

[Amazonで購入]