【 2002年7月19日号 】

9.5mm厚2.5インチHDDで過去最大60GBの「MK6021GAS」が登場

MK6021GASMK6021GAS
MK6021GASMK6021GAS

 2.5インチHDDの性能向上がハイスピードで進んでいる。ほんの1ヶ月ほど前に9.5mm厚タイプでは初の5,400rpmモデルが登場して話題となったばかりだが、今週は同じく9.5mm厚タイプでは容量で過去最大となる60GBの東芝製Ultra ATA/100対応HDD「MK6021GAS」がデビューを果たした。実売価格は47,800円〜49,900円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 「MK6021GAS」は、新開発の高感度ヘッドなどを採用することにより、磁気ディスクとして世界最高の面記録密度75.5Mbit/平方ミリメートルを達成している。1プラッタあたりの容量は30GBで、これも2.5インチHDDとしては現時点では最大容量。ディスク回転速度は標準的な4,200rpmで、平均シークタイムは12msとなっている。もちろん搭載モーターは同社製2.5インチHDDではおなじみの流体軸受けタイプだ。

 ディスク回転速度のほか、バッファサイズ2MB、内部転送速度19.3〜37.3MB/s(最大)といったスペックは同社製の16MBバッファ搭載5,400rpmモデル「MK4019GAX」(40GB)を下回るものものの、動作音量はアイドル時が24dB、シーク時が31dBと静音性に関してはこちらの方が優秀だ。

 出回り始めたばかりの製品だけに若干値は張るが、9.5mm厚2.5インチHDDのみが搭載可能な薄型ノートPCで60GBという大容量を実現するには、現時点ではこの「MK6021GAS」が唯一の選択肢となるだけに、人気を呼ぶのは確実だ。

□MK6021GAS(東芝)
http://www3.toshiba.co.jp/storage/japanese/spec/hdd/mk6021sj.htm
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2002_04/pr_j0902.htm
□関連記事
【2002年6月1日】東芝からも5,400rpmの9.5mm厚2.5インチHDD登場、16MBバッファ搭載
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20020601/etc_mkgax.html

 (東芝 MK6021GAS)

[撮影協力:T-ZONE. AKIBA PLACET-ZONE. PC DIY SHOPe-TREND]


[前の記事]: RIMM4200のモジュールが登場、単体販売と同梱マザーが発売に
[次の記事]: PCケースにまた光モノ、今度はボタンで自由に色変更が可能

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.
E-Mail:akiba-pc-info@impress.co.jp