【 2008年10月4日号 】
セガサターン筐体のPCが来週からデモ、改造品
デュアルコアAtomマザーを利用
セガサターンPC セガサターンPC
セガサターンPC セガサターンPC
セガサターンPC セガサターンPC
セガサターンPC セガサターンPC
セガサターンPC セガサターンPC
セガサターンPC セガサターンPC
セガサターンPC セガサターンPC
 セガの往年のゲーム機「セガサターン」の筐体を利用した改造PC(非売品)が、来週からデモされる。デモを予定しているのはツクモパソコン本店の3階「本店ケース王国」。同店は、今回だけでなく今後も改造PCの製作を行なっていくという。

●改造は秀逸、光学ドライブやスイッチ類も利用可能

 このPCは同店スタッフが自作したもので、セガサターンの筐体にデュアルコアAtom搭載マザーボードやSerial ATA接続の2.5インチHDD、ATAPI接続の薄型光学ドライブなどが組み込まれている。同店いわくミニ四駆のパーツなども使っているという。製作費用は約5万円(セガサターンを除く)。

 秀逸なのはセガサターンの筐体が持っている機能の大半が活かされている点で、POWER/EJECT/RESETスイッチやアクセスランプのほか、光学ドライブ、カートリッジスロット、前面のコントローラ端子(USBポートとして機能)もきちんと機能するようになっている。

 光学ドライブは、PC用のスリムタイプ光学ドライブを分解して内蔵。また、カートリッジスロットの内部はUSBポートになっていて、ReadyBoost対応のUSBメモリを内蔵したサターン用カートリッジを挿入して使用できる。

●マウスもセガ純正品を改造

 さらに、マウスもサターン純正の周辺機器「シャトルマウス」を流用。シャトルマウスの筐体にバッファロー製レーザーマウス内蔵しており、USB接続のマウスとして使用できる。ただし、灰色の中央ボタンは機能しないとのこと。

 冷却システムは、本体背面の60mmファンとプラ板で自作したというダクト。ダクトは60mmファンとマザーボード上のクーラーとを結ぶもので、同店いわく、ダクトがないと十分に冷却されずCPU温度が72℃程度まで上がってしまうという。ダクト装着時のCPU温度は約55℃。

 このほか、VIA製マザーボード用の80W ACアダプタ電源と電源変換基板、ディラックのATAPI−Serial ATA変換アダプタ「DIR-SSOA01」などが用いられている。


[動画] 起動の様子 / 48秒

[動画] マウス操作 / 5秒

□関連記事
【2006年11月18日】スーファミにPC内蔵してデモ、カートリッジはHDDケース
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20061118/etc_sfamipc.html
【2006年11月25日】スーファミPCの内部を公開、新作の公開も予告
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20061125/etc_sfamipc2.html
【2007年2月3日】T-ZONE. PC DIY SHOPでスーファミPCの新モデルが展示
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20070203/etc_vista_sfpc.html

 (Intel D945GCLF2)

[撮影協力:ツクモパソコン本店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.