【 2009年7月25日号 】
USB 3.0カードが展示中、発売は年内
 次世代のUSB規格である「USB 3.0」に対応したインターフェイスカードのサンプルがソフマップ 秋葉原 本館T-ZONE. PC DIY SHOPで展示中だ。どちらのショップも展示は今週末まで行なう予定。

 展示されているのはラトックシステム製品のサンプルで、PCI Express x1接続カード「REX-PEU3」とExpressCard/34接続カード「REX-EXU3」の2種類。同社は年内に発売することを予定している。

 USB 3.0は、現行のUSB 2.0の10倍以上となる5Gbps(Super-Speed)の転送速度を実現した規格。転送速度は5Gbpsのほか、従来の480Mbps(High-Speed)や12Mbps(Full-Speed)などもサポートしており、USB 2.0/1.1との互換性がある。

 物理面(ポート/コネクタ形状)では、ホスト側(タイプA)はUSB 2.0/1.1との互換性があるが、機器側(タイプB)は新たにUSB 3.0専用の形状が採用。これにより、USB 2.0/1.1機器とUSB 3.0カードとの接続性を保つ一方で、USB 3.0ケーブルがUSB 2.0/1.1機器に誤って接続されてしまうことを防いでいる。もちろん、5Gbpsでの転送を行なうにはUSB 3.0に対応した機器、ケーブル、インターフェイスカードなどが必要だ。

 REX-PEU3はデスクトップPC向けのPCI Express x1接続カードで、USB 3.0で策定されている900mAのバスパワー供給に対応するために設けたという、4ピンの外部電源ポートが特徴的だ。なお、消費電力が小さいUSBメモリなどを接続する場合は、外部電源を供給しなくても動作するという。

 REX-EXU3はノートPC向けのExpressCard/34接続カード。USBポート付近にはACアダプタを接続できるという電源端子が用意されている。

 両製品とも搭載しているホストコントローラはNECエレクトロニクス製の「μPD720200」。

 また、T-ZONE. PC DIY SHOPで掲示されている製品POPには、Intel製SSDを用いて行なったというデータ転送速度(シーケンシャルアクセス)の計測結果も記載。それによれば、USB 3.0接続時(Serial ATA- USB 3.0変換し接続)の速度はSerial ATA接続時の8割程度で、Serial ATAに迫るパフォーマンスを持つことを示している。


□ラトックシステム
http://www.ratocsystems.com/

□関連記事
【2009年7月21日】バッファローコクヨ、5Gbps対応のUSB 3.0ケーブル(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090721_303758.html
【2009年7月16日】ラトック、PCIe対応USB 3.0インターフェイスを年内発売(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090716_302760.html
【2009年5月20日】SuperSpeed USB Developers Conferenceが東京で開催(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090520_169626.html
【2009年5月18日】NECエレ、5Gbps転送対応のUSB 3.0ホストコントローラを開発(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090518_169367.html

ラトックシステム製品

[撮影協力:T-ZONE. PC DIY SHOPソフマップ 秋葉原 本館]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.