【 2009年11月7日号 】
Phenom II最上位の新ステッピングが発売に、TDP減少
Phenom II 945の新ステッピングも登場
※(11/7更新)Phenom II X4 945のC3ステッピングも発売
※(11/6更新)販売を確認。
 Phenom II X4の最上位、965 Black EditionのTDP低下版が発売された。実売価格は21,500円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 今回発売されたPhenom II X4 965 Black Editionは、リビジョンが従来のC2からC3へアップしたもの。

 製造プロセスは従来通り45nm SOI、対応ソケットもSocket AM3だが、最大電圧が1.425Vから1.4Vへ低下、さらにTDPが140Wから125Wへ下がったのが主な変更点。これ以外の基本スペックは従来同様で、動作クロックは3.4GHz、キャッシュ容量は2次キャッシュ2MB(512KB×4)、3次キャッシュ6MB。もちろん倍率固定も解除されている。

 とかく熱さが指摘されがちな最上位Phenom IIだが、TDPの低下で使い勝手の向上も期待できそう。AMDでは「OC耐性も向上した」と説明しており、そうした意味でも興味深い製品といえそうだ。

 今回確認した製品のOPNは「HDZ965FBK4DGM」(CPU上の刻印)。


 なお、7日(土)には通常版Phenom II X4では最上位となるPhenom II 945のC3ステッピング版も発売されている。こちらの公称スペックは従来のPhenom II X4 945とまったく同様。「TDPも95Wで変わりない」(ショップ)そうだが、店頭では従来モデルとわけて販売されている。実売価格は17,500円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。ちなみにパッケージは965 BEよりやや小さい。

 こちらのOPNは「HDX945WFK4DGM」(CPU上の刻印)。


□Phenom II X4 965 Revision C3(HDX965FBK4DGM)(Advanced Micro Devices)
http://products.amd.com/en-us/DesktopCPUDetail.aspx?id=617

□関連記事
【2009年11月4日】TDPを125Wへ抑制して再登場「Phenom II X4 965 Black Edition」
  (多和田新也のニューアイテム診断室/PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/tawada/20091104_326193.html
【2009年8月15日】Phenom II X4の最上位、965 Black Editionが登場
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090815/etc_amd.html

AMD Phenom II X4+965+Black+Edition

[撮影協力:T-ZONE. PC DIY SHOPTSUKUMO eX.ソフマップ 秋葉原 リユース総合館]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.