【 2009年12月19日号 】
512色に光るキーボード発売、マッドサイエンティスト風?モードも
 キートップの発光を512種類もの色に変更できるというユニークなUSB接続日本語キーボード「KZP-LED512」が恵安から発売された。実売価格は約4千円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 KZP-LED512は、本体に内蔵したLEDの光によって、キートップの文字などの刻印が浮かび上がるというキーボード。ユニークなのは赤、緑、青の3色のLEDを内蔵し、各LED毎に照度を8段階で調整できる点で、これにより発光を512色に変更することが可能になっている。色の組み合わせによって紫、黄、白といった色にも変更が可能だ。

 また、モード切替でキーを押すたびに色が変化するモードも装備。試用した範囲では、キー毎に色が割り振られている印象で、一昔前のマッドサイエンティスト気分(?)も味わえる。

 各LEDの照度は、特殊ボタンの「LEDボタン」を押しながらF2、F3、F4の各キーを押すことで調整が可能。LEDボタンを押しながらF9キーを押すと設定した色を保存することができる。このほか、約1秒毎にランダムに色が変わるモードなども用意されている。

 キーの支持構造はパンタグラフ式で、キー数は107。本体サイズは幅400×高さ24.8×奥行き169mm。対応OSはWindows 7/Visa/XP。


[動画] キー押下で発光色が変化 / 12秒

□恵安
http://www.keian.co.jp/

恵安 KZP-LED512

[撮影協力:クレバリー2号店T-ZONE. PC DIY SHOP]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.