【 2010年5月29日号 】
秋葉原駅ビルは「アトレ秋葉原」に、3F改札も復活へ
店舗面積は1.5倍
 現在改築中のJR秋葉原駅駅ビル(旧アキハバラデパート部分)だが、今秋にも「アトレ秋葉原」としてオープン、飲食店や書店、雑貨、ファッション、カフェなどを含む大型店舗になることが明らかになった。

●アキハバラデパートより大型化
 店舗面積は1.5倍


北側

南側
 これは、東京都への届出などで明らかになったもの。

 建物規模は、総武線北側が地上4階建て、同南側が7階建て、その間の高架下部分が3階建て。2006年末に閉店したアキハバラデパートは実質地上3階建てだったため、建物規模としても大型になる。フロア構成は1〜4階が商業施設、5階/6階がスポーツクラブなどのサービス施設、7階が管理施設になるという。

 注目される商業スペース(1〜4階)は、店舗面積4,241平方メートルで、旧アキハバラデパートの約1.5倍。1階には飲食店や生花店が、2階には書店やファッション、雑貨店が、3階にはドラッグストアや日用雑貨店、スーパーなどが入居する計画。具体的な内容は不明だが、1階が飲食店中心、2階に書店など、ある程度、以前のフロア構成が踏襲されたかっこうだ。

 また、旧アキハバラデパートに無かった4階店舗スペースには、カフェが入居。入り口などの詳細は不明だが、ホームと同一階にカフェがオープンすることになる。

 さらに、アキハバラデパート時代になかったエスカレーターも南北両側に設置される。

●3階改札口も復活予定

 このほか、3階には小規模ながら改札口ができる予定。これはアキハバラデパート時代同様、総武線ホームからの便利な改札口として活用できそうだ。

 なお、現在明らかになっているこれら内容はあくまでも計画段階。最終的には今後の正式発表を待つ必要があるが、秋葉原の「顔」として親しまれてきた駅ビルの復活だけに、様々な点で期待したいところだ。

□アトレ
http://www.atre.co.jp/index.php

□関連記事
【2008年2月9日】JR秋葉原駅駅ビルの改築計画が明らかに
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080209/etc_eki.html
【2006年12月31日】拍手の中で55年の幕を閉じたアキハバラデパート(Junk Blog)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/blog/archives/2006/12/55.html
【2006年12月2日】アキハバラデパートが閉店を告知、一部は存続して営業
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20061202/etc_akidepa.html


※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.