【 2010年12月18日号 】
電子書籍を自炊できるレンタルスペースが開設

 電子書籍を“自炊”するためのユニークなレンタルスペースがaPad専門店(千代田区 神田和泉町1-7-13 SUZUKIビル 4階)に開設された。断裁機やスキャナなどが設置されており、持ち込んだ本を自身で電子書籍化できる。

 利用料金は10分100円で、本のほか、デジタル化したデータを持ち帰るためのUSBメモリやSDカードなどを持参する必要がある。


 手持ちの書籍や雑誌などをタブレット端末やPCなどで読むために、スキャナなどを使ってデジタル化する作業は俗に“自炊”とも呼ばれる。同店に今回開設されたのはこの“自炊”を行なうための作業スペースだ。

 スペースに設置されているのはプラスの断裁機「PK-513L」と富士通のスキャナ「ScanSnap S1500」、そしてスキャナからデータを読み込んだりするためのノートPC。作業の大まかな流れは、まず断裁機で本を紙1枚ずつに分断し、次にページ毎にスキャナで読み取りPDF化、最後にそのデータをUSBメモリなどに取り込む、というものだ。

 このスペースの最大のメリットは、断裁機とスキャナを自前で用意する必要がないという点。特に断裁機は、文具のカッターなどと比べて本をキレイに切ることができるものの、本体が大きいこともあり(PK-513Lの本体サイズは幅402×高さ170×奥行き400mm)「本を切るためだけに断裁機を買うのはちょっと……」と導入を躊躇する人も少なくないだろう。

 ちなみに、PK-513Lの実売価格は3万円前後、ScanSnap S1500の実売価格は4万円前後。これらを用意するだけでも約7万円が必要となる。

 また、同店によれば「スタッフが手すきの時なら、操作方法などをレクチャーすることもできる」とのこと。“自炊”が初めてという人も利用してみてはどうだろう。


□レンタルスペースの概要
http://apadjp.com/apad%E3%80%80%E3%81%8A%E5%BA%97%E6%83%85%E5%A0%B1/
book%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%82%8A%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83
%AB%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9/



□PK-513L(プラス)
http://bungu.plus.co.jp/sta/product/cut/papercutter/
□ScanSnap S1500(富士通)
http://scansnap.fujitsu.com/jp/product/s1500/


富士通 ScanSnap S1500

[撮影協力:aPad専門店(千代田区 神田和泉町1-7-13 SUZUKIビル 4階)]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.