【 2011年7月29日 】
Windows Home Server 2011の値下げ開始
なんと最安6,980円、約半額に


2日時点での最安値(パソコンハウス東映)。
PS/2カードとセットで6,980円

 マイクロソフトの家庭用サーバOS「Windows Home Server」の最新版、Windows Home Server 2011(DSP版)が大きく値下がり、USB 2.0カードセット7千円〜8千円での販売が始まった。最安値はなんと6,980円だ。

 これまでの実売価格はおおむね13,000〜14,000円だったため、なんと約半額という大幅値下げ。

 ショップでは「メーカーの価格改定によるもの」と説明しており、事実、Windows Home Server 2011を扱うほとんどのショップが7,800円前後の新価格で販売している。

●最安の最新世代OS

 マイクロソフト製OSとしては、これまでも比較的安価だったWindows Home Server 2011だが、これで現行OSとしては最安となる。

 「家庭用サーバOS」というやや特殊な位置づけではあるが、ベースはWindows 7世代の64bit OS。使い方によってはかなりコストパフォーマンスのいいOSになりそうだ。Windows Home Server 2011の詳細については、僚誌Internet Watch(記事)や窓の杜(記事)も参照のこと。


□Windows Home Server(日本マイクロソフト)
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/windowshomeserver/default.mspx

□関連記事
【2011年7月30日】Windows Home Server 2011が4割値下げ、なんと7,800円で予約受付中
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110730/etc_ms.html
【2011年5月21日】Windows Home Serverの新バージョン登場、深夜販売も実施
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110521/etc_ms2.html
【2011年6月2日】使いやすくなった新世代ホームサーバーOS「Windows Home Server 2011」(窓の杜)
http://www.forest.impress.co.jp/docs/special/20110602_449799.html
【2011年4月12日】ついにRTMとなった「Windows Home Server 2011」(清水理史の「イニシャルB」/INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/20110412_438952.html
【2011年6月7日】動画ストリーミングもファイル転送もOK! WHS2011+Win版Pogoplugで作るスマホ向け自宅サーバー(清水理史の「イニシャルB」/Internet Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/20110607_451145.html

[撮影協力:パソコンハウス東映TSUKUMO eX.クレバリー1号店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.