【 2012年3月1日 】
IPS液晶の格安7インチタブレット登場、1万5千円
スペック違いの廉価版も、Android 4.0

 実売1万5千円を切る安価なIPS液晶タブレット「NOVO7 Aurora」が直輸入、中国Ainolから登場した。

 販売しているのは東映無線ラジオデパート店で実売価格は14,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。ただし、同店では売り切れており、3月中に再入荷する予定としている。


 IPS液晶を搭載した安価なタブレット型端末としては、1月下旬に登場した中国ICOOの「D90W」(同店の実売価格は19,800円)もあるが、今回の製品はそれを上回る安さ。

 搭載OSはAndroid 4.0で、液晶パネルサイズは7インチ(1,024×600ドット)。本体の厚さが9.9mm、重量が317gと、スリムかつ軽量なのも特徴だ。本体サイズは189.5×122.6×9.9mm。

 主なスペックは、搭載CPUがAllwinner A10 1GHz(Cortex A8コア/最大1.2GHz)、GPUがMali 400、メモリがDDR3 1GB、ストレージ容量が8GB(空き容量はシステム0.9GB、ユーザー5.3GB)。タッチパネルは静電容量方式で、5点マルチタッチに対応する。

 主な搭載機能は無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、前面カメラ(200万画素)、Mini USB、Mini HDMI、microSDカードスロットで、最高2160p(3,840×2,160ドット)に対応するという動画再生機能も備えている(上記スペックは同店によるものも含む)。

 ちなみに、今回の製品は販売開始前から注目されていたようで、同店によれば「開店前から行列ができた」という。


NOVO7 Elf NOVO7 Elf
NOVO7 Elf NOVO7 Elf

NOVO7 Advanced II

NOVO7 Advanced II

NOVO7 Advanced II

NOVO7 Advanced II
 なお、Ainolからは、ほぼ同様のスペックで液晶パネルのタイプが違う安値版「NOVO7 Elf」(実売価格13,380円/売り切れ)や、解像度を800×480ドットに落とし、メモリも512MBに減らした廉価版「NOVO7 Advanced II」も発売されている。

 これら2モデルは厚さが11.2mmとやや厚いのも相違点。OSはいずれもAndroid 4.0。


□NOVO7 Aurora(Ainol)
http://www.ainol.com/plugin.php?identifier=ainol&module=product&action=info&productid=45
□東映無線ラジオデパート店による製品情報
http://www.toeimusen.co.jp/~dp/mid/index.html#novo7aurora

□関連記事
【2012年1月25日】IPS液晶で2万円割れの格安タブレット登場、9.7インチ
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120128/etc_icoo.html
【2012年1月21日】Ainol Novo 7 Elf(今週見つけた新製品)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120121/ni_cnovo7elf.html


Ainol NOVO7 Aurora

[撮影協力:東映無線ラジオデパート店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.