【 2012年6月1日 】
脳波で動く「猫耳」が店頭販売中

 「脳波で動くネコミミ」というユニークなガジェットが店頭初登場、Rmobile 秋葉原店(ブロックE2-[a2])で販売中だ。

 販売されているのはNeurowear製「necomimi」で、同店の実売価格は11,800円。


●脳波で動く猫耳

 necomimiは、同社が「気持ちを伝える『ネコミミ型コミュニケーションツール』」とうたうカチューシャタイプの被り物。そのままコスプレグッズとして使えそうだが、装着した人の脳波に反応して「ミミ」が動くのが最大の特徴だ。

 本体左側には電源ボタン部を用意。この部分には脳波センサーとイヤークリップが付いており、これらを額、耳たぶに装着することで脳波が検知されるという。

 主な動作モードは、脳波に応じて耳が小刻みに動く「ノーマル」のほか、「集中」「リラックス」「ゾーン」という4種類で、各モードによって耳が異なる動きをする。

 具体的には、「脳波が集中すると集中モードになり、耳がピンと立つ」、「リラックスした状態になるとリラックスモードになり、耳がくたりと寝る」、「集中とリラックスが同時に高まったゾーンモードでは耳が交互に動く」、といった具合。

 ただし、同店スタッフに装着してもらったところ、いきなりゾーンモードになり、他のモードに移行しようとしてもうまくいかないという結果に。猫耳を意識的に動かせるようになるには、ある程度の慣れが必要なのかもしれない。なお、脳波センサーとイヤークリップに指で触れても耳が動作することが確認できた。

 ちなみに、necomimiは4月末に幕張メッセで開催されたニコニコ動画のイベント「ニコニコ超会議」において先行販売され、現在はショッピングサイト「ニコニコショッピング(仮)」での通信販売も行なわれている。

 ショッピングサイトでは製品動画も掲載中で、necomimiを着けた女性がドーナツを見て集中モードになったり、ドーナツを食べてリラックスモードになったりするという様子が紹介されている。

 このほか、2011年9月の「東京ゲームショウ 2011」に出展した際には、脳波の状態などが見られるAndroidアプリの開発についてや、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスへの対応についても言及している。なお、necomimiのプロトタイプでは、Android端末と連携させることで動作していたという。

 電源には単4形アルカリ乾電池4本(別売り)を使用。連続動作時間は最大4時間。頭部から本体が落ちるのを防ぐヘッドバンドが付属する。


[公式動画]

□necomimi(Neurowear/ニワンゴ)
http://jp.necomimi.com/
http://nicoshop.nicovideo.jp/necomimi/

□関連記事
【2011年9月18日】Games for Smartphone & tabletコーナー出展レポート(GAME Watch)
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110918_478651.html
【2011年9月17日】ステージイベント「iLove iPhone in Tokyo Game Show」開催(GAME Watch)
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110917_478445.html
【2009年7月25日】サンコー 猫耳イヤフォン ホワイト/ブラック(CATBUDWH/CATBUDBK)(今週見つけた新製品)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090725/ni_ccat.html

Neurowear necomimi

[撮影協力:Rmobile 秋葉原店(ブロックE2-[a2])]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.