【 2012年6月8日 】
Ivy Bridgeベースのデュアルコアi5が初登場、35WでGPU内蔵

 Ivy Bridge版Core i5では初のデュアルコアCPUが発売、TDP 35Wの「Core i5-3470T」が発売された。Ivy BridgeのデュアルコアCPUは既にXeonが出ているが、店頭販売されたGPU内蔵Ivy Bridgeでは最も消費電力が低い。

 販売されているのはバルク品で、マザーなどPCパーツセットでのみで販売されている。CPUの単品価格は16,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。


●デュアルコア+GPUで35W

 Core i5-3470Tは、Ivy Bridgeでは初となるデスクトップPC向けのデュアルコアCPU。TDPは35Wで、GPU内蔵版Ivy Bridgeとしては現時点で最も低消費電力。省電力性を重視する人にとって注目の製品と言える。

 主なスペックは通常クロック2.9GHz、最大Turboクロック3.6GHz、キャッシュ容量3MB(Smart Cache)、内蔵GPUがHD Graphics 2500、GPUベースクロック650MHz、GPU最大クロック1.1GHz。Hyper-Threading Technologyにより4スレッドまでの実行に対応する。

 低消費電力のIvy Bridgeとしては、Xeonブランドで発売されているXeon E3-1220L v2(17W/GPU無し/2.3GHz/2コア/HT)や、Core i5-3570T(45W/GPUあり/2.3GHz/4コア)、Core i7-3770T(45W/GPUあり/2.5GHz/4コア/HT)などがある。

 なお今週は、クアッドコアの「i5-3470」(Tがない)も新たに発売されている。i5-3470は3.2GHz/クアッドコア/HT無し/TDP 77Wで、i5-3470Tは2.9GHz/デュアルコア/HT付き/TDP 35Wとという仕様。省電力モデルを示す「T」の有無でクロックなどのスペックが変わる、というのは最近は一般的だったが、コア数まで変わる例は稀。CPUを選ぶ際には気をつけておいたほうがいいだろう。


□Core i5-3470T(Intel)
http://ark.intel.com/products/65703/

□関連記事
【2012年6月5日】Ivy Bridgeに新モデル、4コアのi5-3470
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120609/etc_intel.html
【2012年6月5日】Intel、Ivy Bridgeに低電圧版を含むデュアルコアモデルを追加
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120605_537050.html
【2012年5月19日】Ivy Bridge版Xeonが発売、11モデル / TDP17W版やターボ4.1GHzの高速版など
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120519/etc_intel.html
【2012年4月28日】Ivy Bridgeがついに発売、省電力モデルは品薄
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120428/etc_intel4.html


Intel Core i5-3470T

[撮影協力:ツクモパソコン本店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.