【 2012年8月29日 】
「Cobalt Qube」改造PCが展示中


Cobalt Qube改造PC

内部の様子

 Sunのキューブ型サーバー「Cobalt Qube」を用いた改造PCがPC DIY SHOP FreeTで30日(木)から展示される。製作したのは同店スタッフの森田氏。改造PCの販売予定は無し。


●独自に用意したステンレス製フレームを使用


側面に2.5インチSSDが2台搭載可能

PT3搭載用のスペース(ブラケットは取り外す)

背面の様子

独自に用意したステンレス製フレーム
 Cobalt Qubeは、かつてのSunが10年ほど前に販売していたSOHO向けの小型サーバー。幅、奥行き、高さが約200mmの青いキューブ型ケースを採用するという、サーバーとしては珍しいデザインでも注目された。

 今回の改造PCは、そのCobalt Qubeの筐体のみを流用。独自に用意したステンレス製フレームを組み込むことで、Mini-ITXマザーボードトレイやドライブベイ(2.5インチシャドウ×2)といったPCパーツ用のスペースを実現している。

 また、本体の前面下部にあるランプも機能。右側がディスクアクセスLED、左側が電源LEDとなっている。

 このほか、本体背面に「PT3のアンテナを通すため」(同氏)という2個の穴が用意されているのもユニーク。マザーボードの上部はSFX電源で覆われているが、同氏によれば「PCI Express延長カードを用いればカードの装着が可能」という。

 搭載パーツはSAPPHIREのSocket AM3対応Mini-ITXマザー「IPC-AM3DD785G」や、Athlon II X2 260u、サイズの薄型CPUクーラー「KOZUTI(SCKZT-1000)」など。

 なお、今回の改造PCで使ったフレームは「希望があれば別途販売も行う」という。フレームの予価は17,800円で、「Cobalt Qubeの筐体は各自で用意して欲しい」(同氏)とのこと。


□関連記事
【2011年4月21日】一見ファンレス?な超低背クーラーが発売
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110423/etc_scythe.html
【2010年3月6日】AM3初のMini-ITXマザー発売、AMD 785G搭載
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100306/etc_sapphire.html
【2002年4月11日】サン、小型サーバー「Cobalt Qube」の新モデル(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0411/sun.htm

Cobalt Qube PC

[撮影協力:PC DIY SHOP FreeT]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.