【 2012年9月14日 】
iPhone 5向け?nanoSIM用のカッターやアダプタが発売

※(9/16更新)microSIM - SIM変換アダプタセットについても追記。

切り抜いたSIM

 iPhone 5で採用された新型の小型SIM「nanoSIM」だが、通常のSIMカードをこの形状に切り抜くカッターや、nanoSIMを通常サイズのSIM、あるいはmicroSIMとして使える変換アダプタが早速発売されている。

 実売価格は、nanoSIMカッターが1,980円、変換アダプタ(microSIM/SIMサイズの2枚セット)が580円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。変換アダプタについては、microSIM - SIM変換アダプタがセットになった別製品もさらに発売されている(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。


●nanoSIMに対応したカッターとアダプタ
 iPhone 5で使えるかどうかは不明


nanoSIMカッターのパッケージ。箱はmicroSIMカッターのものを流用?

左からnanoSIM(切り抜いたもの)、microSIM、SIM
 nanoSIMは、従来のmicroSIMよりさらに小さいSIMカード。21日(金)発売予定のiPhone 5で採用されたことでも知られている。

 今回のnanoSIMカッターは、既存のmicroSIMカッターと同様のホッチキスタイプ。通常サイズのSIMカードを差し込み、上半分を押し込めばnanoSIMサイズにカットできる。なお、microSIMカードをカットすることはできない。また、変換アダプタは、nanoSIMを通常のSIM、あるいはmicroSIMとして使える2枚のアダプタがセットになったものと、さらに microSIMを通常のSIMに変換するアダプタもセットになったものが販売中だ。

 ただし、販売している三月兎1号店SOUTHTOWN 437は「カットしたnanoSIMを、iPhone 5で使えるかどうか、現時点では分からない」「使用は自己責任で」と説明しているので要注意。さらに、「ネット上の報道では、『カットしたnanoSIMはiPhone 5で認識しない』としている例もある」(SOUTHTOWN 437)とか。同店ではiPhone 5の発売後、実際に検証することも考えているという。

 また、同店ではiPhone 5のSIMフリー版を入荷する意向。他社キャリアへの対応については「電波の周波数的に、iPhone 5はNTTドコモのLTEには対応していないが、周波数だけ考えるならNTTドコモのWCDMAやイー・モバイルのLTEで使える可能性がある」としている。

 ちなみに、こうした「SIMカッター」は、iPhone 4でmicroSIMが採用された頃から店頭で見かけるようになったが、通信事業者との一般的な契約ではSIMカードは「借りたもの」。カードの所有権は通信事業者にある場合がほとんどで、こうした切断などは通常認められていない。


□関連記事
【2012年9月13日】iPhone 5発表、アップルがタッチ&トライ開催(ケータイ Watch)
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120913_559424.html
【2012年9月12日】「iPhone 5用」のケースや液晶保護フィルムまで発表前に発売
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120915/etc_ip2.html
【2012年9月11日】iPhone 5のモックアップ(?)がフライング発売
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120915/etc_ip.html
【2010年7月17日】SIMカッター(MicroSIM Cutter)(今週見つけた新製品)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100717/ni_csimcut.html
【2010年7月10日】SIMカードをmicroSIM化するカッターが登場
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100710/etc_noosy.html

[撮影協力:SOUTHTOWN 437]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.