【 2012年10月26日 】
Windows 8が深夜発売、通りギッシリの大盛況
最安3,300円でアップグレード、DSP版は単体購入OKに

 Windows 7以来3年ぶりの新バージョン、Windows 8が26日0時に発売された。.

 秋葉原では恒例の深夜販売を13店が実施、平日深夜ながらも多数の購入希望者でお祭り騒ぎに。大手ショップでは1店あたり200人以上の来店者があったとされ、カウントダウン時は「自作通り」が歩けないほどの大混雑になった。

 価格などの詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと。


●タッチ操作対応の最新版
 最新デバイスを活用する改良も


店頭で無料配布されている「Windows 8 PC自作秘伝の書」。自作ユーザー向けのWindows 8のポイントがいろいろ書かれている

「秘伝の書」の内容例
 Windows 8はタッチ操作向けの新UIや新アプリへの対応、クラウド/ネット連携機能の追加など、様々な改良が加えられた最新バージョンのWindows。

 Windows 7と比較すると、スタートボタンの廃止など、タブレットを意識した見た目が大きな違いだが、内部的な設計変更も多いとされる。たとえば、SSDではTrim機能をより積極的に利用するように改良、起動処理ではUEFIを活用してさらに起動を高速化する仕組みが導入されている。こうした最新デバイスを活用できるのもWindows 8の注目点だ。

 また、OSのエディションも大幅に整理。一般向けパッケージとして販売されるのは、一般向けの「Windows 8」とリモートデスクトップやドメイン参加機能などを追加、PCに詳しい方やスモールビジネス向けとされる「Windows 8 Pro」の2タイプ×2種類(32bit/64bit)のみとなっている。


●価格は9,980〜15,980円、アップグレード版は3,300〜6,000円
 DSP版は単体販売OKに


DSP版

DSP版の内容物

アップグレード版

アップグレード版はパッケージの色違いがいくつかある。中身は同じ

Windows 8 ProPack

価格表の例
 また、今回注目されるのが販売方式の変更。

 今回店頭で発売されたのは、各タイプのDSP版(4種類)と、Windows XP以降のWindowsをWindows 8 Proにアップグレードできるアップグレード版パッケージ(32bit/64bit共用)、Windows 8をWindows 8 Proにアップグレードできる「Windows 8 ProPack」(同)の都合6種類で、従来あった「新規インストール用パッケージ」は消滅。

 その代わりに従来「PCパーツとのセット販売」が通常だったDSP版が単体でも購入可能になり、「従来販売店が担当していた無償ユーザーサポートが無くなった」(ショップ)そう。後者に関しては、独自のサポートサービスを添付した「サポート付きDSP版」を販売しているショップもあった。

 実売価格はWindows 8が9,980〜10,800円前後、Windows 8 Proが13,980〜15,980円前後、アップグレード版パッケージとWindows 8 ProPackが各6,000円前後(期間限定価格)。アップグレード版については3,300円でダウンロード販売も行われており、Windows XP〜7のアップグレード元ライセンスがあり、ダウンロード購入でよい場合はなんと3,300円でアップグレードできることになる。


●恒例の深夜販売実施、通りを埋める人だかり


0時前後の自作通り

1時ごろのオークションの様子

0時すぎのショップの様子

カウントダウンで割られたくす玉

抽選会場でサイン会に並ぶ人たち

前夜祭イベント会場にあったオブジェ(?)

発売記念パック(通常版)

秋葉原限定パッケージ

日本橋限定パッケージ

価格表示

前夜祭イベントの会場

前夜祭ではマイクロソフト社長の樋口氏も

PC誌の編集長やライター清水理史氏によるディスカッション

司会進行は高橋敏也氏
 秋葉原では恒例の深夜販売を13店が実施。0時に向けたカウントダウンや多数の特価品、オークション、購入者向けの抽選会などでお祭り騒ぎ。

 デーブ・スペクターなど、多数のタレントが登場した公式前夜祭や、高橋敏也氏などが登壇した自作ユーザー向けセッション、古谷徹などが登壇したドスパラの独自イベント、そしてやっぱり非公式の自作応援キャラクター「窓辺ゆう」「窓辺あい」の紹介などでも盛り上がった。

 事前には「タブレットのイメージが強いし、ネット販売も増えてきているし……」という関係者の心配の声もあったが、結果は自作通りを埋め尽くす大量の人出。「OS発売のお祭り騒ぎ」を楽しむ多数の来店者が見られた。人数的には、Windows 7の深夜販売時と同程度の印象。実際、Windows 8の売れ行きも良いようで、「特価品の行列は少ないのに、Windows 8の行列は長蛇」という例も複数見られた。

 深夜販売は0時に最高潮、その後20分ごろまでに受け渡し列は短くなっていき、50分ごろまでにおおむね終了している。

 ちなみに売れ筋は「Window 8 Proが大部分」というショップが多い。「発売記念パック」として発売された窓辺ゆう&あいの限定版も売れ行きが良く、「秋葉原限定パッケージ」はほとんどのショップで完売、通常版も「売り切れ間近」というショップが複数あった。また、一部ショップでは「日本橋限定パッケージ」の販売も確認されている。


□Windows 8(日本マイクロソフト)
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/home

□関連記事
【2012年10月13日】Windows 8は10,800円から、DSP版でも単体購入OKに
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20121013/etc_ms.html
【2012年10月27日】Windows 8は今夜24時発売、イベントや深夜販売が準備中 / UIを模したチロルチョコも
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20121027/etc_ms.html

日本マイクロソフト Windows 8

[撮影協力:TSUKUMO eX.パソコンハウス東映テクノハウス東映エディオン秋葉原本店PC DIY SHOP FreeTとRmobile 秋葉原店(ブロックE2-[a2])]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.