【 2012年11月1日 】
3,980円の4インチAndroid端末が登場、CPUは1GHz 
タッチパネルは感圧式

 なんと実売3,980円という安価なAndroid端末が発売された。

 液晶サイズは4.3インチ(480×272ドット)でタッチパネルも感圧式だが、搭載CPUはCortex-A9 1GHzでメモリも512MB。最小限の端末としては機能しそうだ。

 メーカーは中国の金星JXDで、製品名はS18(価格などの詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。


●格安のAndroid端末、タッチパネルは感圧式


Google Playの画面

アプリ一覧
 この製品は、4.3インチ液晶とAndroid 4.0を組み合わせた小型のAndroid端末。

 とにかく安価なことが特徴で、スペックも液晶解像度が480×272ドット、タッチパネルも感圧式(2点マルチタッチ)と最小限。それでもmicroSDスロットや無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)を搭載、CPUも動作クロック1GHzのCortex A9コアを搭載するとされる。GPUはMali400で、CPUチップはAML8726-M3。内蔵メモリは512MBで、ストレージ容量は4GB。

 このほかの搭載デバイスはマイクやスピーカー、ヘッドフォン出力(2系統)、Gセンサーなど。カメラは非搭載。本体カラーはブラックとホワイトの2色ある。技適マークの有無は不明。

 安価なだけにスペックも最小限だが、それでもCPUやメモリの仕様は「使えそう」なレベル。店頭でホーム画面を短時間操作してみたが、感圧式による独特の操作感はあるものの、動作そのものは特に重い印象はなかった。


□製品情報
http://www.jxd.hk/products.asp?id=625&selectclassid=009008

□関連記事
【2012年9月29日】安価な国内向けタブレットがさらに登場、9,980円
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120929/etc_mcj.html
【2012年9月29日】安価なAndroid 4.0タブレットがユニットコムからも、11,980円
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120929/etc_unitcom.html
【2012年8月25日】国内向け格安タブレットの選択肢が増加、1万円強
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120825/etc_geanee.html
【2012年5月17日】格安タブレットの入手性改善?ドスパラでも販売開始、13,980円
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120519/etc_leader.html

金星JXD S18

[撮影協力:東映無線ラジオデパート店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.