【 2012年11月22日 】
Radeon最上位のデュアルGPU版「HD 7990」発売、重さを支える支柱付き
カードは弩級

※(11/23更新)発売を確認。

 Radeon HD 7000シリーズ初のデュアルGPU「Radeon HD 7990」を搭載するというビデオカードが発売された。

 発売されたのはClub 3D製カード「Radeon HD 7990 Dual GPU(CGAX-7999)」(以下CGAX-7999)で、実売価格は99,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。


●Radeon HD 7970のデュアル構成
 2枚使って「究極レベル」も構成可


電源コネクタは8ピン×3個

電源は1,000Wを推奨

裏面

パッケージ

付属の支柱

支柱の使い方

カード長は30cm以上

下はRadeon HD 7970
 Radeon HD 7990は、1枚のカードでRadeon HD 7970をデュアル構成にできるというハイエンドGPU。

 AMDからの公式発表はないが、Club 3Dが発表する主なスペックはまさにHD 7970をほぼ2倍にした数値。

 具体的にはコアクロックが900MHz、SP数4,096(2,048×2)、対応メモリGDDR5 6GB(3GB×2)、メモリバンド幅768bit(384bit×2)、メモリクロック1,375MHz(データレート5,500MHz)など。

 コアクロックはHD 7970より低いが、CGAX-7999ではブラケット部のOCボタンを押すことでHD 7970と同じ925MHzにアップさせることができる。

 ちなみに、Tul(PowerColor)が発表したHD 7990カードも、同様に900MHz→925MHzとOCできる機能を備えている。

 Club 3Dによれば、CGAX-7999のパフォーマンスはHD 7970 GHz Editionカードの40%増、HD 7970カードの45%増。更に、2枚のCGAX-7999用いてQuad CrossFire構成にすることで「究極レベル」に引き上げることも可能としている。

●カードは3スロット幅、支えの支柱付き

 ただし、カードは3スロット分のスペースを占有する巨大なもの。

 本体サイズは308×137×62mmと、長さが300mmを超えるためPCケースを選びそうだ。パッケージには、タワーケースでの使用時にカードを下から支えるための支柱「Extendable Support Pod」も同梱されている。

 また、カードには外部電源コネクタとして8ピン×3が装備されており、電源ユニットに要求されるスペックが高い点にも注意が必要。Club 3Dによればカードの最大TDPは500Wで、推奨電源として容量1,000Wの同社製品「CSP-X1000CB」を挙げている。


□AMD Radeon HD 7000 シリーズ(Advanced Micro Devices)
http://www.amd.com/jp/products/desktop/graphics/7000/Pages/amd-radeon-7000-series.aspx


□Radeon HD 7990 Dual GPU(Club 3D)
http://www.club-3d.com/index.php/products/reader.en/product/radeon-hd-7990-dual-gpu.html
□ニュースリリース(Tul)
http://www.powercolor.com/jp/News.asp?id=1167

□関連記事
【2012年8月1日】Radeon最上位、「7970 GHz Edition」が発売に
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120804/etc_sapphire.html
【2012年1月9日】Radeon新アーキテクチャ「HD 7970」発売、PCIe 3.0対応
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120114/etc_amd.html
【2011年3月12日】Radeon HD 6990発売、デュアルGPU構成
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110312/etc_amd.html


Club 3D Radeon HD 7990

[撮影協力:ドスパラパーツ館]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.