ニュース

PC関連メーカーの合同イベント、CFD PC DIY フェス 2017が開催

ASRockがX299搭載Mini-ITXマザーを公開、玄人志向の「サングラス男」は今年も登場

 マイニングに関する解説イベント「RADEONでやるマイニングセミナー」が17日にパソコン工房 AKIBA STARTUPで開催された。

 イベントではマイニング向きのPCパーツの紹介や、マイニングの現状の解説、近日登場予定のマイニング専用OSの発売予告なども行われた

 9月18日(月)に複数のPCパーツ/周辺機器メーカーが集まって行われた合同イベント「CFD PC DIY フェス2016」が実施された。

 場所は秋葉原UDXの4階で、当日は各メーカー最新製品の展示を行ったほか、ステージにて製品のポイントや今後の動向などを解説するセッションも行われた。メーカーが設けたブースでは、実際に製品担当に質問することができ、ユーザーが製品の特徴や疑問点を直接メーカーの担当者に聞くこともできた。

 今回は展示品を中心にメーカー毎にイベントの様子を紹介しよう。

ASRockはX299搭載のMini-ITXマザーやOC特化モデルを公開

 ASRockは未発売の製品を複数展示。X299搭載でMini-ITX対応の「X299E-ITX/AC」、OC向けに特化したX299搭載マザーボード「299 OC FORMULA」、MXM規格のビデオカードを搭載可能な小型PC「DESKMINI GTX」など、未発売のモデルが用意されていた。

 また、ブースには最近登場したマザーボードがずらりと並べられており、白をテーマカラーにしたMOD PCなども展示されていた。

X299搭載のMini-ITXマザーボード「X299E-ITX/AC」
OC向け機能を多数備えるX299搭載マザーボード「X299 OC FORMULA」
MXM企画のビデオカードが搭載可能な小型PC「DESKMINI GTX」
現行マザーボードも多数展示
白いMOD PCも展示

Blackmagic Designは本格的な動画編集用コントローラをアピール

 Blackmagic Designは本格的に動画を編集するユーザー向けのコントローラをアピール。

 スタジオなどで使用されている本格的なコントローラを家庭向けに設計したモデルで、操作のしやすさがウリ。会場では実際に動画編集を試せる状態で展示されていた。

本格的な動画編集用コントローラをアピール
スタジオなどで使用されているものを家庭向けにデザインした製品とのことだ
会場では実際に操作可能な状態でデモが行われていた

CrucialはRGB LED搭載メモリのサンプルを展示

 CrucialはRGB LED搭載DDR4メモリのデモを実施。発売時期などは未定とのことだが、試作品はすでに動作する状態になっていた。

 このほか、現在販売中のDDR4メモリやSSDの展示も行われていた。

RGB LED搭載メモリのサンプルを展示
既存のメモリも紹介
現在メインストリーム向けに販売されているMX300シリーズ

DJIはドローンの体験スペースを設営、実機も多数展示

 DJIはドローンの体験スペースをブース横に展開、ジェスチャー操作などに対応した最新世代のドローンの体験が可能だった。

 ブースには多数のドローンが展示され、実機のサイズ感などが確認できるよう触れられる状態で展示されていた。

ドローンの実機を多数展示
最新鋭ドローンの体験スペースも設けられていた
スマホ向けのスタビライザーも展示

GIGABYTEとNVIDIAは鉄拳7ゲーム大会を実施、デモ機も複数展示

 GIGABYTEとNVIDIAは合同でブースを出展、PC版鉄拳7のゲーム大会を実施した。

 大会のほか、鉄拳7バンドル版のGIGABYTE製GeForce GTX 1070や同社製のゲーム向けビデオカードがアピールされていたほか、外付けVGA BOXやハイエンドゲーミングPC、側面の一部が液晶ディスプレイになっているMOD PCなども展示されていた。

鉄拳7バンドル版のGeForce GTX 1070をアピール
ゲーム大会に使用されていたGIGABYTE製のビデオカード
ビデオカードをThunderboltで接続できるVGA外付けBOX
レースゲームが体験できるハイエンドゲーミングPC
側面パネルの下半分が液晶ディスプレイでできたMOD PC

Western Digitalは5周年のWD Redをアピール、キャンペーンも実施

 Western Digitalは用途毎にカラー展開を行っているHDDをアピール。

 特にWD Redは発売されたから5周年ということもあり目立つかたちで展示されていた。また、WD Redは購入者を対象とした店頭キャンペーンも行われている。

カラー別にシリーズを一気に展示
WD Redは一押しHDDとして紹介さえていた
WD Redは発売5周年で、記念キャンペーンも実施されている

玄人志向は白いビデオカードや新型HDDケースを展示、サングラス男も常駐

 玄人志向は、GALAXY×玄人志向のハイエンドブランド「GALAKURO」のビデオカードを紹介。

 白いカラーが特徴のモデルで、性能や品質の高さはもちろん、パッケージのフードを被った人物が実は「サングラス男」だったりと、遊び心もあるモデルになっている。このほかRAID 0/1をサポートする外付けHDDケースの新モデルや、自作IoTキット「KURO-IOTEXP」の紹介なども行われていた。

GALAXY×玄人志向のハイエンドビデオカード「GALAKURO」シリーズ
新型のRAID対応HDD外付けケース、3.5インチ用と2.5インチ用の2製品
自作IoTキットの「KURO-IOTEXP」シリーズ

そのほか

 イベントでは各メーカー製品展示を行ったほか、短時間のプレゼンなども実施。ブースは構えていなかったが、BitFenixのケースも会場で見かけた。また、来場者にはメイド喫茶「ぴなふぉあ」のスタッフからドリンクの無料配布サービスが受けられた。

各メーカーステージセッションも実施
BitFenixのATXケース
ビデオカードを天板側に設置し魅せることができるBitFenixのMini-ITXケース
イベント期間中に対象製品を購入したユーザー向けの抽選会も行われた
メイド喫茶「ぴなふぉあ」スタッフからのドリンクの無料配布サービスも行われた

[撮影協力:CFD販売]