ニュース

Samsungの最新SSD「860 EVO」がデビュー、耐久性は最大8倍に向上

 4TBモデルも用意されているSamsung製SSDの新製品「860 EVO」が発売された。

 今回入荷を確認したのは2.5インチSATAタイプの250GB「MZ-76E250B」、500GB「MZ-76E500B」、1TB「MZ-76E1T0B」、2TB「MZ-76E2T0B」の4モデル。

 店頭価格(以下、税込表記)は順に11,980円、19,980円、42,980円、89,800円。販売ショップはパソコン工房 秋葉原BUYMORE店ドスパラ秋葉原本店ツクモパソコン本店IIツクモeX.パソコン館ツクモ12号店

 このほか、Samsungでは860 EVOの2.5インチSATA 4TBやmSATA、M.2モデル、上位の「860 PRO」を用意している。

従来品と比較して耐久性が最大8倍に向上

 860 EVOは、Samsungの64層V-NAND技術を採用したSATA 6Gbps対応のSSD。V-NAND 3bit MLCを採用したモデルで、従来品と比較して最大で8倍の耐久性を実現したとしている。総書き換え容量(TBW)は、250GBモデルが150TB、500GBモデルが300TB、1TBモデルが600TB、2TBモデルが1,200TB、4TBモデルが2,400TB。

 また、新しいSamsung MJXコントローラとECCアルゴリズムにより高速化を実現したという。公称のパフォーマンス(最高値)は、シーケンシャルアクセスがリード550MB/s、ライト520MB/s、ランダムアクセス(4KB、QD32)がリード98,000IOPS、ライト90,000IOPS。

 本体サイズは、2.5インチタイプが100×69.85×6.8mm(7mm厚)、mSATAタイプが29.85×50.08×3.85mm、M.2タイプが80.15×22.15×2.38mm(Type 2280)。MTBFは150万時間。メーカー保証は最大2,400TBWまたは5年間。

[撮影協力:パソコン工房 秋葉原BUYMORE店ドスパラ秋葉原本店]