ニュース

第9世代Core対応の小型PC自作キット「DH310V2」が発売、Shuttle製

(4/18 18:07更新)販売スタート。
初出日時 4/15 0:05

 Intelの第9世代Coreプロセッサに対応するというShuttleの小型PC自作キット「DH310V2」が、18日(木)に発売された。高さ43mmのスリム筐体と専用のCPUクーラーを採用し、TDP 65WまでのCPUに対応する。

 店頭価格は税抜き24,500円で、販売ショップはツクモパソコン本店パソコン工房 秋葉原BUYMORE店パソコンショップ アークドスパラ秋葉原本店

本体サイズが幅165×奥行き190×高さ43mmの小型PC自作キット、Intel H310チップセット搭載

 DH310V2は、本体サイズが幅165×奥行き190×高さ43mmの小型PC自作キット。搭載チップセットはIntel H310、重量は1.15kg。

 2018年9月に発売された「DH310」のマイナーチェンジモデルで、今回の製品ではCoffee Lake Refresh-SことIntelの第9世代Coreプロセッサへの対応がうたわれているほか、本体重量が若干軽量化されている。

 ストレージは2.5インチHDD/SSD(SATA 6Gbps接続)とM.2 SSD(Type 2242/2260/2280 、SATA 6Gbps/PCIe x4接続)を搭載することが可能で、無線LAN/Bluetoothモジュール増設用のM.2スロット(Type 2230)が用意されている。搭載するメモリスロットはDDR4 SO-DIMM×2(DDR4-2400/2666、最大32GB)。

 主な搭載機能・インターフェイスはDisplayPort、HDMI、デュアル1000BASE-T LAN(Intel I211)、USB 3.1 Gen1×2、USB 2.0×2、シリアルポート、SDカードスロット、ヘッドホン端子、マイク端子。対応OSはWindows 10(64bit)、Linux。

 付属品は90W ACアダプタ、電源ケーブル、サーマルグリス、VESAマウントキット(75×75mm、100×100mmに対応)など。

[撮影協力:ツクモパソコン本店]