ニュース

前面フラットなDEEPCOOL製ATXケース「MACUBE 550」が発売

着脱が容易な強化ガラスパネルを搭載

 前面パネルがフラットなデザインのDEEPCOOL製ATXケース「MACUBE 550」が発売された。

 本体カラーの違いでブラック(GS-ATX-MACUBE550-BKG0P)とホワイト(GS-ATX-MACUBE550-WHG0P)の2種類がラインナップ。

 店頭価格税抜き9,241円、税抜き9,704円。販売ショップはドスパラ秋葉原本店

アルミバー搭載で着脱が容易な左サイドパネルを備えたATXケース

 MACUBE 550は、幅241×高さ520×奥行き526mmのタワー型PCケース。

 左サイドに強化ガラスパネルを搭載。上部には取っ手となるアルミニウムバーを備え、着脱が容易となっている。

 また、右サイドパネルには通気口が設けられており、鱗のようなデザインが採用されている。

 対応マザーボードはATX、microATX、Mini-ITX。ドライブベイは3.5インチシャドウ×4基、2.5インチシャドウ×3基。拡張カードスロットは10基(うち2基は垂直設置用)。

 搭載可能なラジエーターサイズはフロントとサイドが最大360mm、リアが最大140mm。

 その他のPCパーツの対応サイズは、ビデオカードが長さ最大420mmまで、CPUクーラーが高さ186mmまで。電源は170mmのATX規格に対応。また、ケース下部には電源やドライブ類、ケーブルを目隠しできるカバーを備えている。

 本体重量は約12.2kg。

[撮影協力:ドスパラ秋葉原本店]