ニュース

2,800円の格安AIカメラ「M5StickV」が発売、在庫はごく少量

 低価格なAIカメラ開発ボードがM5Stickから登場、「M5StickV」が発売された。店頭価格は税抜き2,800円。

 販売ショップはツクモパソコン本店IIで、在庫はごく少量。

スピーカーやマイクを備えたAIカメラ開発ボード

 これは、デュアルコアの64 bit RISC-Vプロセッサやニューラルネットワークプロセッサ(KPU)などで構成されたKendryte社の「K210」を搭載したAIカメラ。低コストかつ高いエネルギー効率で画像処理を行うことができるという。

 製品情報によると、今回のモデルは他のK210開発ボードと比較して、スピーカー、マイク、LCDスクリーン、ジャイロスコープなど多くの機能を搭載しているほか、GROVE互換コネクタによる機能拡張もできるという。

 K210用のMicroPython環境「MaixPy」での開発が可能で、アプリケーション例として、顔認識や物体の検出/分類、目標のサイズと座標をリアルタイムで取得、などが挙げられている。

 なお、販売しているスイッチサイエンスによると、他のM5Stack製品とは異なり、通信機能を内蔵した「ESP32」は搭載していないという。

[撮影協力:ツクモパソコン本店II]