ニュース

ロジクールの薄型メカニカルキーボード「G913」「G813」が発売、高速なキー入力が可能

有線、無線の計6モデル

写真はG913(無線モデル)

 薄型のメカニカルスイッチを採用し高さを22mmに抑えたロジクールのゲーミングキーボード「G913」「G813」が発売された。G913は無線モデル、G813は有線モデルで、それぞれに「GLクリッキー」「GLタクタイル」「GLリニア」の各スイッチを採用したタイプがラインナップされている。

 店頭価格はG913が税込29,400円前後、G813が税込22,600円前後。販売ショップはパソコンショップ アークツクモパソコン本店ツクモeX.パソコン館ツクモDOS/Vパソコン館パソコン工房 秋葉原BUYMORE店など、パソコンショップ アークソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館

高さ22mmとスリムなメカニカルキーボード、ゲームでの高速なキー入力が可能

 G913とG813はメカニカルキースイッチ「コンパクトGLスイッチ」を採用したゲーム向けのキーボードで、ゲーミングキーボードとしては高さが22mmとスリムなのが特徴。アクチュエーションポイント(キーを押してスイッチがONになる位置)も浅く、ゲームでの高速なキー入力が可能としている。

G913とG813のパッケージ
レイアウトは日本語配列
薄型のメカニカルスイッチ採用

 コンパクトGLスイッチは、従来スイッチと同じ速度や精度などを半分の高さで実現したという小型モデル。3つの異なるタイプが用意されており、GLクリッキーは耳に聞こえるクリック音などを、GLタクタイルは優しい打鍵感などを、GLリニアはスムーズなキーストロークをそれぞれ売りとしている。

 このほか、キー単位での色設定が可能な1,680万色対応の発光機能「LIGHTSYNC RGB」や、機能を割り当てることができる5つの「Gキー」、音量を調節できるホイール、プロファイルを保存できるオンボードメモリなどを搭載している。

本体裏面
薄型設計
チルトスタンド

 無線モデルのG913では、遅延が無いという同社独自の「LIGHTSPEED」(付属のUSBレシーバーを使用)またはBluetooth 5.0でPCなどと接続し、ボタン操作でLIGHTSPEEDとBluetoothのどちらを使うかを選択できる。また、付属のUSBケーブルで接続することで、充電しながら使用できる。

 本体のサイズは幅475×奥行き150×高さ22mm、重量は1,025g。バッテリー駆動時間は30時間(輝度100%時)。対応環境は、LIGHTSPEED接続時がWindows、Mac、Bluetooth接続時がWindows、Mac、Chrome OS、Android、iOS。

G913の特徴
G813の特徴

 有線モデルのG813は「USBパススルー」ポートを装備しており、USBマウスなどの接続や、他のデバイスの充電などが行える。なお、PCとの接続には2つのUSBポートが必要。

 本体のサイズは幅475×奥行き150×高さ22mm、重量は1,045g(USBケーブルを除く)。USBケーブル長は1.8m。対応環境はWindows、Mac。

[撮影協力:ツクモパソコン本店ツクモeX.パソコン館パソコンショップ アーク]