借りてみたらこうだった!

カード長はわずか211mm、最高性能の小型ビデオカードZOTAC Geforce GTX 1080 Mini 8GBを試す

高性能クーラーを搭載、ZOTAC製 text by 坂本はじめ

ZOTAC Geforce GTX 1080 Mini 8GB

 全長211mmでハイエンドGPUのGeForce GTX 1080を搭載する「ZOTAC GeForce GTX 1080 Mini 8GB(ZT-P10800H-10P)」。

 前回、Fallout 4の高解像度テクスチャパックのレビューで使用したモデルだが、思いのほか完成度の高い優れたカードだったので、改めて特徴を紹介する。

 小型カードは小型化するためクーラー性能の面で不利になることもあるが、ZOTAC GeForce GTX 1080 Mini 8GBの場合はしっかりGeForce GTX 1080を引き出している。小型ゆえ取り回しも良く、高負荷時でもファンが全開になるようなことはなく、GPUのブーストもしっかりと効く。また、SLI時にカードが窒息するようなこともない点も魅力だ。

 小型PCケースなどでハイエンドPCを組みたいユーザーは是非参考にしてもらいたい。

カード長211mmでMini-ITX環境にも適した最高性能のビデオカード

 ZOTAC Geforce GTX 1080 Mini 8GBは、ハイエンドGPUであるGeForce GTX 1080搭載ビデオカードでありながら、カード長を211mmに抑えたコンパクトなカードサイズが特徴の一枚だ。

ハイエンドGPU搭載製品ながら、全長211mmというコンパクトなカードサイズを実現した。
基板裏面には金属製のバックプレートを装備。
2スロット占有のGPUクーラーIceStormを搭載。冷却ファンのサイズは、ブラケット側が90mm径、電源コネクタ側が100mm径となっている。
補助電源コネクタは8ピン1系統。PCI Expressスロットからの給電と合わせて、最大225Wを供給できる仕様だ。
ディスプレイ出力端子は、DisplayPort×3、HDMI×1、DVI-D×1。
GPUのGeForce GTX 1080は、リファレンスクロックより多少高いクロックにチューニングされている。VRAMは標準仕様通り10Gbps動作の8GB GDDR5Xを備える。

 GPUのGeForce GTX 1080は、ベースクロック1,620MHz(+13MHz)、ブーストクロック1,759MHz(+26MHz)へと、わずかにオーバークロックして搭載しており、口径の異なる2基のファンを搭載したオリジナルGPUクーラーIceStormを搭載する。

 無理のない範囲でのオーバークロックに押さえていることもあり、電源供給はリファレンスモデル同様8pin1系統で賄われる。

コンパクトサイズとしては高い冷却性能を誇る「IceStorm」クーラー

 続いて、ZOTAC GeForce GTX 1080 Mini 8GBが搭載するGPUクーラー「IceStorm」の冷却能力について紹介しよう。

 冷却性能を確かめるためのテストとして、ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークを3,840×2,160ドット(DirectX 11/最高品質)で実行し、その間のGPU温度とファン回転数をモニタリングした。

 検証はシングルカード時とSLI時の2パターンを測定している。テスト時の室温は約28℃。

ベンチマークテスト実行中のGPU温度
ベンチマークテスト実行中のファン回転数

 1枚で実行した時の結果は、GPU温度が最大69℃、ファン回転数は最大1,765rpmだった。

 ZOTAC GeForce GTX 1080 Mini 8GBでは、GPU Boost動作の基準温度であるTemperature Targetは83℃に設定されており、温度的には十分なマージンが確保できている。また、冷却ファンの最大回転数が約3,000rpmであるのに対し、ピークで1,765rpmということは、GPUクーラー的にはだいぶ余裕を残して冷却できているということになる。ファンノイズはそれなりに生じるが、ハイエンドGPUとしては大人しい動作音と言える程度だ。

ベンチマークテスト実行中のGPU温度(SLI時)
ベンチマークテスト実行中のファン回転数(SLI時)

 2枚のZOTAC GeForce GTX 1080 Mini 8GBを使ったSLI動作では、隣接カードと1スロット分の吸気スペースしかないGPU(1)の温度とファン回転数が高めになっているが、それでもピーク時の温度は77℃、ファン回転数も1,945rpmと余裕のある結果となった。

 SLI動作で隣接するビデオカードとの隙間が少ないと、大型GPUクーラーを搭載している製品でさえ十分な冷却を行えなくなってしまうが、ZOTAC GeForce GTX 1080 Mini 8GBはコンパクトなカードサイズでありながら、SLI動作でもTemperature Targetに到達しないという優れた温度特性を示した。冷却性能不足でGPUのパフォーマンスが発揮できないのではないかという心配は無用と言えよう。

シングルGPUでのベンチマークスコア
SLI動作でのベンチマークスコア

 ベンチマークスコア自体は、シングルGPU時の6,989に対し、SLI時は13,300。約1.9倍という理想に近いパフォーマンスアップを果たしている。SLI HB ブリッジの効果もあるだろうが、ZOTAC GeForce GTX 1080 Mini 8GBのGPUクーラーであるIceStormがGPUをきちんと冷却しきれていることも大きな要因だ。

Mini-ITXケースなどにもゆとりをもって搭載できるサイズだ

 今回は出力700Wの電源ユニットでテストを行っているのだが、2枚のZOTAC GeForce GTX 1080 Mini 8GBで構築した今回のSLI構成の最大消費電力は約450Wだった。ハイエンドGPUのSLI構成と言えば1,000W級の電源ユニットを用意したくなるところだが、700Wクラスの電源ユニットでも余裕をもって賄える電力消費なのは、電力効率に優れるPascalアーキテクチャ採用GPUの特性がよく反映された結果だろう。

 ZOTAC GeForce GTX 1080 Mini 8GBは、今コンパクトでハイエンド性能のカードを探しているユーザーには魅力的な製品といえる。

・テスト環境
 CPU IntelCore i7-7700K
 マザーボード ASRockZ270 Taichi
 ビデオカード ZOTACGeForce GTX 1080 Mini 8GB
 メモリ DDR4-2400 4GB×4
 ストレージ PlextorM8PeG 256GB
 電源ユニット 玄人志向KRPW-TI700W/94+
 OS 日本マイクロソフトWindows 10 Pro 64bit

[制作協力:ZOTAC]