ニュース

タッチ対応の格安AndroidノートPCが発売、9,980円

 次々と安値モデルが発売されるAndroid製品だが、今度は9,980円のノートPC「CH-AD77DR」がAKARTから発売された。

 OSはAndroid 4.0、液晶はタッチ対応で、もちろんタッチでの操作も可能。国内向けの製品で、国内向けの保証書や技適マークの入った日本語マニュアルも付属する(販売店などの詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

タッチ操作もできる格安Androidノート

液晶を全開にした状態
スペック
日本語マニュアル
親指打ちにはやや遠い?
裏面
背面のコネクタ
Gセンサーは搭載しておりません
パッケージ

 この製品は、7インチ液晶を搭載した重量620gのAndroid 4.0ノート。

 操作用としてタッチパッドを搭載するほか、液晶パネルも静電容量式タッチパネルを採用するのが特徴だ。こうした形状のAndroidノートは他にもいくつか出ているが、タッチでも操作できる安値モデル、というのはおそらく初。

 液晶は180度まで倒して操作できるため、重さを考えなければタブレットのようなイメージで利用することもできる。

 スペックについては、液晶解像度が800×480ドット、CPUコアがCortex-A9(1.2GHz)、CPU SoCがVIA8850。メモリがDDR3 512MB、ストレージが4GB。IEEE 802.11b/g/n対応の無線LANや30万画素のカメラ、スピーカー、SDHCスロット(最大16GB対応)、USBコネクタ×2、有線LAN×1など。

 このほか、MicroHDMIらしきコネクタも本体背面についているが、スペック表には記載が無く、実際に使えるかどうかは不明。

 なお、Androidタブレットで一般的な重力センサーは非搭載。パッケージには「重力センサーが必要なソフトは動作しない」と書かれている。マーケットについては、マニュアルに「PLAYストアをタッチしてください」という表記がある。

 バッテリは連続動作時間が約3時間で、充電時間が4〜5時間。付属品は前述の保証書、マニュアルとACアダプタ。

[撮影協力:TWOTOP秋葉原本店]

AKART CH-AD77DR