ニュース

窓辺ゆう・あいの自作応援ソングが初披露、初のライブイベントで

会場では「窓辺あいPC」も展示

 Windows 8の自作応援キャラクター「窓辺ゆう」と「窓辺あい」のライブイベントが初めて実施。2人が歌う「自作応援ソング」が初披露され、100人以上の招待客とともに盛り上がった。

 展示ブースでは「窓辺あいPC」や「窓辺ゆう・あい ビジュアライズノートPC」なども展示されている。会場はTwinBox AKIHABARA。

ライブでは2曲の自作応援ソングが初披露

イベントでは「窓辺ななみ」からのスペシャルメッセージも
参加者には握手会と共に、今回の楽曲2曲が収録されたCDがプレゼントされた

 このイベントは、この春行われた販促キャンペーン「Windows 8 Pro春トクキャンペーン」の当選者が招待された限定ライブ。

 ステージには、窓辺ゆうの声を担当する西明日香さんと、あいの声を担当する田村奈央さんが出演。両者によるWindows 8自作応援ソング「Mir8cle Days(ミラクルデイズ)」と「どんな未来でも」が初披露されたほか、テクニカルライター 橋敏也氏を交えたトークショー、窓辺ゆう&あいの朗読劇、クイズ大会が実施された。

 まず注目のライブコーナーでは前述の2曲が初披露。明るめの曲調に合わせて踊る西さんと田村さんは、窓辺ゆう・あい姉妹のように息の合ったパフォーマンスで参加者を魅了。さらに、参加者からは青く発光するケミカルライトが振られたり、楽曲に合わせて掛け声(コール)があがるなど、初ライブとは思えないほど会場の一体感は高いものだった。

 トークコーナーでは、Windows 8搭載PCを持たない田村さんが橋氏に、「10月10日の誕生日に欲しいWindows 8PCが欲しい」とお願いをし会場の笑いを誘ったほか、西さんは冬頃までに自分のPCをWindows XPからWindows 8にアップグレードしたいと宣言をした。

 ライブ後には西さんと田村さんによる握手会&CDお渡し会が実施され、約2時間にわたるイベントは幕を閉じた。

展示スペースでは「窓辺あい作」のデコレーションPCが展示

 この他、会場内には展示スペースがあり、「窓辺あい作」というデコレーションPCが展示されていた。

 このPCは、スワロフスキークリスタルでデコレーションされた煌びやかなもので、クリスタルで「窓辺あいのリボン」や、「U」「I」の文字などが表現されていた。

 ちなみに、PCのコンセプトは、「なるべく低予算で、けっこう使えて、そのうち拡張もできる感じ」だそうで、ケースにはサイズのMONOBOX ITX2が採用され、IntelのCore i3-3220TやRadeon HD 7790ビデオカード(RH7790-E1GHD)などが搭載されていた。

 展示スペースではこの他に、「窓辺ゆう・あい ビジュアライズノートPC」(ユニットコム販売)の展示、ゆう・あいのシールが天面に貼られた会場限定Kinectの販売(29,800円)、Kinectを使った窓辺ゆう・あい・ななみとの記念撮影スペースなどが用意され、ライブ開始前後に楽しめるようになっていた。