ニュース

初のDDR4対応、実売12万円の8コアCPU「Core i7-5960X」が登場

LGA2011-v3ソケット採用の「Haswell-E」、下位モデルも発売

(8/30 18:19更新)販売を確認。

 Intelの新プラットフォーム「LGA2011-v3」に対応したCPUが登場、8コア/16スレッドのCore i7-5960X Extreme Edition、6コア/12スレッドのCore i7-5930K/5820Kの3モデルが発売された。

 店頭価格はCore i7-5960X Extreme Editionが税込116,000〜121,000円前後、Core i7-5930Kが税込65,000〜68,000円前後、Core i7-5820Kが税込43,500〜45,300円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 各モデルともCPUクーラーは別売り。CPUの発売に合わせて、Intel純正のCPUクーラー「BXTS13A」が発売されている。店頭価格は税込3,100円前後。

新世代のDDR4メモリをサポート、PCIe 3.0のレーン数は最大40レーン

モデルは3種類(写真はBUY MOREの価格)
LGA2011-v3対応
Core i7-5960X
Core i7-5960X
Core i7-5930K
Core i7-5820K
ツクモの価格
ソフマップの価格
アークの価格
純正CPUクーラー
純正CPUクーラー
純正CPUクーラー

 開発コード名「Haswell-E」で呼ばれるこれらの製品は、同社の新たなデスクトップPC向けハイエンドプラットフォームであるLGA2011-v3に対応したCPU。

 2013年9月に登場したLGA2011対応の「Ivy Bridge-E」に次ぐ製品で、今回はCPUソケットやアーキテクチャが刷新。従来のLGA2011マザーとの互換性はなくなり、新型CPUソケットのLGA2011-v3を搭載したマザーボードが必要だ。

 Haswell-Eでは新世代のDDR4メモリも必要。4チャンネルのDDR4-2133対応メモリインターフェイスがCPUに内蔵され、これをサポートするためにLGA2011-v3マザーにも新たな288ピンのDIMMスロットが搭載されている。

 CPUのモデルによって、PCIe 3.0インターフェイスのレーン数(帯域)が異なるのも特徴。Ivy Bridge-Eは全モデル40レーンだったが、Haswell-Eでは上位モデルが40レーン、下位モデルが28レーンとなる(ちなみに、LGA1150ソケットのDevil's Canyonは16レーン)。

 このため、マザーが複数のPCIe x16スロットを備えていても、搭載CPUによって構成可能なレーンが変化することになる。複数のビデオカードを用いてCrossFire/SLI環境を構築する際は要注意だが、レーンが少なくて済むシングルカード環境の場合は、下位CPUを選択してコストを抑える、という手もある。

 CPUのラインナップは3モデル。最上位のCore i7-5960X(クロック3GHz/ターボ時最大3.5GHz/PCIe 40レーン)では8基のCPUコアが搭載されており、Hyper-Threadingにより16スレッド処理に対応している。同社の8コアCPUは、サーバ向けのLGA2011版Xeonなどが発売済みだが、デスクトップPC向けでは初めて。

 このほか、6コア/12スレッドのCore i7-5930K(3.5GHz/3.7GHz/40レーン)とCore i7-5820K(3.3GHz/3.6GHz/28レーン)がある。

 キャッシュ容量はCore i7-5960Xが20MB、Core i7-5930K/5820Kが15MB。TDPは全モデルが140Wとなっている。

 なお、Intelが展開しているファンクラブ「Intel Club Extreme」ではCore i7-5960X/5930K/5820Kの3モデルともメンバー特典対象製品に追加、さらに詳細な解説ページも公開している。

[撮影協力:BUY MORE秋葉原本店ツクモeX.パソコン館ソフマップ 秋葉原 リユース総合館パソコンショップ アーク]

Intel Core i7-5960X