取材中に見つけた○○なもの

〜 iPhone 5sでは互換Lightningケーブルに注意、
充電/通信できない場合も 〜

 20日(金)発売されたiPhone 5sですが、Apple非公認の「互換Lightningケーブル」に対するチェックが強化、「使えなくなるケーブル」が出てきています。

 弊誌で確認したところ、少なくとも3つの互換製品がiPhone 5sで使えなくなっていました(iPhone 5cでは未確認)。

 こうした「互換品」は、これまで「そのうち使えなくなるかも」という話が出つつ、なんだかんだ使えていましたが、どうやら本当に使えなくなってきた、ということのよう。今後、「確実に使えるLightningケーブル」が欲しい場合は、AppleのMFi Program認証があることを確認してから買ったほうが良さそうです。

 なお、OSバージョンの違いなのか、ハードウェアの違いなのか、9月20日(金)現在、iPhone 5s(iOS 7.0.1)で使えなかったケーブルはiOS 7にアップデートしたiPhone 5(iOS 7.0)では使えてます。

 ……というわけで、弊誌で用意した6つの互換Lightningケーブルのテスト結果は以下のとおり。テストはソフトバンク版のiPhone 5sと、ソフトバンク版/au版のiPhone 5(iOS 7アップデート済み)で行っています。iPhone 5cでの挙動は未確認。

 なお、こうした互換ケーブルは、同じ発売元・同じ見た目・同じ製品名の製品でも、発売時期で内部チップが異なるなど、挙動が異なることもありそう。以下の結果は、「動作検証結果」というよりは、「色々な例がある」という参考として見ていただくのが良いかなと。

【充電/通信ともできなかった例】
iPhone 5sに接続しても、充電/通信ともにできなかった製品の例。警告メッセージも表示される。右端のケーブルは以前に購入したもので、パッケージなどは不明。
上の3製品をiOS 7にアップデートしたiPhone 5に接続したところ、警告メッセージは出るものの、充電と通信は可能だった。ただし、今後のiOSアップデートで利用できなくなる可能性は十分考えられる。9月20日現在、iPhone 5s/5cのiOS最新バージョンは「7.0.1」で、iPhone 5は「7.0」。
【充電/通信ができた例】
充電/通信ともにでき、警告メッセージも表示されなかった製品の例。製品によっては「iOS 7.0動作確認済み」とパッケージに書かれたものもある。ただし、今後のOSアップデートでどうなるかはやはり不明。パッケージにそうした注意書きがあるものもある。
【充電/通信はできるが、警告メッセージが出る例】
充電/通信ともに可能だが、警告メッセージは出る製品の例。今後、まったく利用できなくなる可能性も考えられる。

(鈴木 光太郎)