【 2008年11月22日号 】
「ドリームキャストPC」登場、来週展示予定
サターンPCよりも性能向上、Blu-rayも搭載
※(11/22更新)ショップの営業に関する記載を追記。
ドリームキャストPC ドリームキャストPC
ドリームキャストPC ドリームキャストPC
ドリームキャストPC ドリームキャストPC
ドリームキャストPC ドリームキャストPC
ドリームキャストPC ドリームキャストPC
 ツクモパソコン本店による改造PCの新作「ドリームキャストPC」(非売品)が来週から展示される見込みだ。

 同店の前作「セガサターンPC」(やはり非売品)に続くもので、その名の通り、セガの家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」の筐体を利用している。Blu-rayリードドライブの内蔵など、前作よりハイスペックなのも特徴だ。

●改造はやはり秀逸、光学ドライブや前面ボタンも利用可能

 製作を担当したのは、前回セガサターンPCを製作した同店スタッフ。今回も前回同様に、筐体が持つ大半の機能を活かす形で製作されており、電源ボタンやドライブ開閉ボタン、電源LEDが機能するほか、前面の4つのコントローラ端子もUSB端子として使用できる。

 目玉と言えるのが、この種の改造PCとしてはハイスペックと言えるBlu-ray DiscとHDMI出力に対応している点だ。

 これは、スリムタイプのソニーNEC製Blu-ray リード対応ドライブ「BC-5500A」と、Mini-ITXフォームファクタのJ&W製Socket AM2マザーボード「MINIX 780G-SP128MB」(AMD 780G搭載)を組み込むことで実現している。

 ただ、前回同様に光学ドライブは分解して内蔵しているが、一度目の分解で用いたパナソニック製ドライブは誤って壊してしまい、余分な費用がかかってしまったという。

●マザーボードは裏返しで配置、大型クーラーも搭載

 また、マザーボードは冷却性を考慮して裏返しで内蔵。本体底面に100mmファンを組み込み、CPU(大型フィンを装着)などの冷却を行なっている。こうした構造のため、本体底面には空間を作るためにインシュレータが設置されていた。

 このほかに使用している主なPCパーツは、2.5インチ160GB HDD(Western Digital製WD1600BEVT)、2GB SO-DIMM 2枚(計4GB)、ACアダプタ(120W)。OSはWindows XP Professional(SP2)がインストールされている。

 製作費用は10万円程度で、この金額にはドリームキャスト代のほか、前述の壊してしまったパナソニック製ドライブ代も含まれているという。また、USB接続に改造したドリームキャスト用コントローラも同時に展示する予定とのこと。

 なお、展示予定がアナウンスされた後の21日(金)、同店は営業を中断する事態になっており、21日(金)〜25日(火)は店舗を休業する旨、告知が出ている。



- 細部 -
ドリームキャストPC ドリームキャストPC ドリームキャストPC
ドリームキャストPC ドリームキャストPC ドリームキャストPC

□関連記事
【2008年10月11日】「セガサターンPC」のデモ開始
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20081011/etc_saturn.html
【2008年10月4日】セガサターン筐体のPCが来週からデモ、改造品
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20081004/etc_saturn.html
【2008年7月26日】AMD 780G搭載のMini-ITXマザーが登場、Phenomにも対応
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080726/etc_jw.html
【2008年11月22日】ツクモが営業中断、商品在庫をトラックで回収中
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20081122/etc_99.html

J&W MINIX 780G-SP128MB

[撮影協力:ツクモパソコン本店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.