【 2009年9月5日号 】
余った液晶を使う「フォトフレームキット」が登場
「PC好きなら余っているはず」
 「余った液晶ディスプレイをフォトフレーム化する」という新しいコンセプトのメディアプレイヤー「DFP-KIT900」がタイムリーから発売された。実売価格は3,880円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

●余った液晶ディスプレイを
 特大&格安のフォトフレームに

 この製品は、メモリカード内の写真や動画、音楽ファイルを単体で再生できる、ごく一般的なメディアプレイヤー。

 最大の特徴は、パッケージに謳われた「余った液晶ディスプレイをフォトフレームに」というコンセプトで、古いVGA入力の大型液晶ディスプレイと組みあわせ、「特大&低コストのフォトフレームを自作できる」とアピール。

 さらに「PC好きなら家に液晶モニタがゴロゴロ余っているはず」という煽り文句(?)まで書かれている。

●製品自体は一般的なメディアプレイヤー

 スペックや機能面での目新しさはなく、むしろ基本機能のみの製品と言えるが、反面、価格が4千円以下と安いのも特徴。パッケージが謳うとおり、余った液晶ディスプレイと組み合わせ、「特大&低コストのフォトフレーム」を自作するのに適した製品といえそうだ。

 なお、最近の高機能メディアプレイヤーにはLAN対応モデルなどもある。こうした製品を利用して、「高機能な大画面フォトフレームを自作する」というのも古い液晶ディスプレイの面白い使い方といえそうだ。

 DFP-KIT900の主なスペックは、出力コネクタがVGAとコンポジットVGA、対応メモリーがSDとUSBメモリ。USBメモリのファイルシステムはFAT32/NTFSの双方に対応するが、日本語ファイル名には対応しないので要注意。対応ファイル形式は、JPEG、MPEG-1/2/4、AVI、MP3/WMA。付属品はACアダプタやリモコンなど。


タイムリー DFP-KIT900

[撮影協力:パソコンハウス東映テクノハウス東映]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.