【 2010年2月6日号 】
ソフマップ各店が続々とTwitter開始
アキバ巡りはそろそろTwitter必須?
 着々と進む秋葉原でのTwitter活用だが、ソフマップ各店が売り場別/ショップ別のアカウントを次々に開設、秋葉原だけで10アカウントを超えていることが明らかになった。

●PC系のほか、ゲームやアニメ、音楽でも

 新たに開設を確認したのは、PC系ではソフマップ 秋葉原 本館@sofmap_akiba)とソフマップ 秋葉原 パソコン総合館@sofmap_akibaPC)、ソフマップ 秋葉原 中古駅前店@sofmap_ekimae)、それ以外ではPCゲーム・アニメ館(@sofmap_PCGANIME)、音楽CD館(@akibamusic)、アミューズメント館(@sofmap_ams_r18 / @sofmap_ams_idol / @sofmap_ams_tvg)。

 既にソフマップ 秋葉原 リユース総合館@sofmap_reuse)やCREATORSLAND(@creatorsland)、MacCollection(@MacCollection)のアカウントも存在しており、秋葉原のソフマップの大部分がTwitterによる情報発信を始めたかたち。

 ちなみに、ソフマップでは大阪・なんばや神戸、横浜、町田、京都など、地方店のアカウントも開設済み。これらでの情報発信も順次始まるものと思われる(詳細は@sofmapcomのフォロー先を参照のこと)。


●PCパーツショップは大多数がTwitterを活用
 アクティブな買い物なら必須状態?

 なお、秋葉原でのTwitter活用は既にかなり進んだ状態。

 PCパーツショップでは主要店のほとんどが利用しており、リアルタイムでタイムセールや特価品、品薄品の入荷情報などを発信中。

 特に特価品や品薄品は「つぶやいて数分で売れることがある」(ショップ)という。こうしたセールをアクティブに狙うのならば、Twitter(+携帯電話/スマートフォン)による情報収集がそろそろ必須になってきたといえるだろう。

 もちろん弊誌でも取材の最新情報をお知らせするTwitterアカウント(@watch_akiba)を開設、特価品や品薄品などのリアルタイム情報を発信中だ。各ショップが発信する情報のうち、特に目立ったものもミニニュースとしてお知らせしているので、参考にして欲しい。

●PC系以外でも多数が活用、メイドカフェからカレー店、駐車場まで

 このほか、秋葉原ではPC系以外のショップもTwitterで情報発信する例が非常に目立つ。弊誌が確認しているだけでも30店以上が利用しており、その内訳もメイドカフェからカレー店、書店、居酒屋、雑貨店、果ては駐車場までと幅広い。

 これらの詳細は別ページにまとめてあるので、興味のある向きは参照してほしい。


□AKIBA PC Hotline! 取材なんでも速報
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/newsflash/index.html

□関連記事
【2009年06月12日】秋葉原/自作PC関連のTwitterアカウント一覧(Junk Blog.)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/blog/archives/2009/06/twitteraclist.html

[撮影協力:ソフマップ 秋葉原 リユース総合館]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.