【 2010年5月22日号 】
まるで蜘蛛?多脚ロボ風のMini-ITXケースが発売に
※(5/21 23:42更新)動画を追加

関節部

パッケージ
 蜘蛛を彷彿させるユニークなデザインのMini-ITXケース「PC-T1」がLIAN-LIから発売された。マザーやHDDなどを搭載する“胴体”と4本の“脚”で構成され、脚は手で動かすこともできる。

 実売価格はレッドタイプが15,800円、ブラックタイプが13,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。このほかシルバーモデルがあるが、今回は入荷していない。

●一見虫型ロボット、実はMini-ITXケース

 一見、虫型ロボットのようにも見えるこのアイテムだが、実は露出型のアルミ製Mini-ITXケース。胴体部分がマザーボード、3.5インチHDD、スリムタイプ光学ドライブ、ATX電源を搭載できるPCケース本体で、それを4本の脚で支えるという構造になっている。

 脚には関節があり、曲げることで本体を傾けたり、高さを変えたりすることも可能。さらに前面には目と思しきLEDもついている。

 ただし、拡張カード用スロットやケースファンの取り付け口は用意されていないので、パーツを増設する際などには注意が必要。逆に、パーツやアクセサリなどを工夫して取り付けるなどして、デコレーションに凝ってみるのも面白そうだ。

 本体はサイズが幅227×高さ272×奥行き345mm、重量1.08kg。ドライブベイ数はスリムタイプ光学ドライブ×1、3.5インチシャドウ×1。電源は非搭載。

 なお、製品そのものは組み立て式。購入後、脚などを自分で組み立てる必要があるが、その分、パッケージは小型になっている。日本語マニュアルも付属する。



前面

顔?


背面

上面

脚?


[動画] 蜘蛛風PCケースの脚を動かす / 27秒
※Youtubeで動画を視聴したい方はこちら

□PC-T1(Lian Li Industrial)
http://www.lian-li.com/v2/en/product/product06.php?pr_index=523&cl_index=1&sc_index=25&ss_index=134
http://www.lian-li.com/v2/en/flashpage/t1/

□関連記事
【2010年5月15日】まるで蜘蛛?足が可動する虫型ロボ風Mini-ITXケースが展示中
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100515/etc_lianli.html

LIAN-LI PC-T1

[撮影協力:フェイス 秋葉原本店ツクモパソコン本店TSUKUMO eX.T-ZONE. PC DIY SHOPTWOTOP秋葉原本店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.