【 2011年2月19日号 】
マザー無しのままSandy Bridgeの新モデル発売、
1万円強の安値品やTDP 35Wの低消費電力版

※(2/20更新)発売を確認。

 LGA1155に対応した新たなCPU3モデルが20日(日)に発売された。

 発売されたのは普及価格帯のCore i3で、実売価格は1万円強。新たにTDP 35Wの低消費電力版も登場した。

 具体的なラインナップは、Core i3-2120(クロック3.3GHz)、Core i3-2100(同3.1GHz)、Core i3-2100T(同2.5GHz)で、各店の価格はそれぞれ13,000円前後、11,000円前後、11,800円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 ただし、LGA1155向けマザーボードは先月末からのリコールで販売停止状態。実質的に、マザーボードが買えない状態での船出となった。


●1万円強のSandy Bridge、35Wの低消費電力版も

 今回登場したCore i3はLGA1155対応CPUの下位モデルで、LGA1156版Core i3-500のポジションを引き継ぐもの。コア数はデュアルで、いずれもHyper-Threading Technologyを搭載、最大4スレッドの実行が可能だ。内蔵GPUはDirectX 10.1対応のIntel HD Graphics 2000を搭載している。

 LGA1156版Core i3から進化した点としては、システムバスの帯域の増加(2.5GT/s→5GT/s)、TDPの減少(73W→65W、i3-2100Tは35W)、GPUクロックの向上(733MHz→850MHz、最大クロックは1.1GHz)などが挙げられる。対応メモリはDDR3 1066/1333(最大容量32GB)。

 今回確認した製品のsSpecは、i3-2120が「SR05Y」、i3-2100Tが「SR05Z」、i3-2100が「SR05C」。

 また、TDP 35Wの低消費電力版が発売されたのも注目点。これまで発売されているデスクトップ版Sandy BridgeのTDPは65〜95Wで、図抜けてTDPが低いかっこう。Mini-ITXマザーボードと組み合わせて使うなど、応用方法もありそうだ。


●マザーボードは販売停止中、ショップブランドPCなら一部で入手可

 ただし、Intel 6シリーズチップセットのリコールにより、現時点でも搭載マザーボードの販売は中止されている。マザーボードの再出荷は「4月」などと告知されているため、当面は、既にマザーボードを持っている人の「換装用」ということになる。また、そうした事情から各ショップの入荷数も「1個」「数個」などとされれている。

 ちなみに、フェイス 秋葉原本店では「ショップブランドPCのBTOで、このCore i3を選ぶことも可能」と説明している。今すぐこのCPUを使いたいなら、こうした手段も検討できるだろう。


□Core i3-2120/i3-2100T/i3-2100(Intel)
http://ark.intel.com/Product.aspx?id=53426
http://ark.intel.com/Product.aspx?id=53423
http://ark.intel.com/Product.aspx?id=53422

□関連記事
【2011年2月11日】Sandy Bridge搭載PCが条件付きで販売再開
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110211/etc_intel.html
【2011年2月5日】Intel 6シリーズに不具合、Sandy Bridgeマザーは全品販売停止
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110205/etc_intel.html
【2011年1月8日】「Sandy Bridge」こと新型Core i7/5が発売
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110108/etc_intel3.html


Intel Core i3

[撮影協力:ツクモパソコン本店パソコンハウス東映TWOTOP秋葉原本店ドスパラ秋葉原本店フェイス 秋葉原本店クレバリー1号店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.